November 21, 2010

南島グルメツアー!オアマル編 その1

5ダニーデンを後にして
ディナーを予約しているレストランがあるオアマルまで
車を走らせると、途中にモエラキ・ボルダーズがあるので休憩






写真 076BlogPaint






モエラキの海岸では、円形の巨大な岩を見ることができます
この岩は、海底に沈殿する貝や骨の粉に鉱物などが付着して
6500万年もの歳月を経て出来た自然の産物・・・凄いですね
通常なら干潮・満潮を気にしながら訪れる場所らしいのですが
そんな事は知らずに、ふらっと立ち寄ったのに運良く
「若菜怪獣の誕生!ガオッ〜!!」なんて遊べる程に干潮でした

モエラキ・ボルダーズを後にして、オアマルの街に入るのですが
目的のレストランは、さらに12km北上した
周囲に何も無い場所に、ポツンと在ります。
今回のグルメツアーの目玉のレストラン「Riverstone Kitchen

オープンから4年で
雑誌「Cuisine」のNZレストラン オブ ザ イヤーにて
今年の最優秀店に選ばれたレストランです

写真 081写真 089






広い敷地内には充分な駐車場があり
レストランはどれ?と、一瞬迷ってしまう程
アンティーク屋(?)があったり、お花屋さんがあったり・・・というか

写真 090まさか、これがそのレストランだとは思いもしませんでした・・・
また女友達が「一見バッパーかと思いました・・・」と
言いたそうでした




写真 082写真 083






入口は、こんなんですが
中へ入ると、それなりにレストランしていました

正直、雰囲気フツー・サービスフツー・お料理の見た目フツーで
ナゼ最優秀店なんだと、疑問だらけだったのですが
お料理の素材が超超超新鮮で、お味のバランスが良く美味しかったのは納得

写真 086前菜で
「asparagus risotto with parmesan + lemon」

アスパラガスがシャキシャキでみずみずしく美味しいのだけど
レモンの酸味が強すぎだと思ったリゾット


写真 087メインで
「Okaahu lamb with roasted asparagus, rocket + mint sauce」

新鮮な食材の力だなと思ったラム料理



写真 088デザートに
「Eton mess with raspberries, meringue + chantilly cream」

ミニパブロバの甘みとフルーツの酸味とクリームが
完璧に調和していて「また食べたい!」と思った品


田舎のレストランの強み
オーガニックで新鮮な食材を、裏の畑で作っている様です・・・

写真 092写真 091






写真 093写真 094






ただ女友達
「私が食べたチキン料理って、これですよね・・・? 見たくなかった
ですって

それでも、これら食材の力は本当に強いですわ


南島グルメツアーは、まだまだ続きます・・・



コメントする

名前
 
  絵文字