March 01, 2011

ご無沙汰していました!

ここ1週間ちょっとの間で
NZ(オークランド)→日本(名古屋・東京)→イギリス(ロンドン)→日本(福岡)
と、移動しまくっていたら、体が時差でぐちゃぐちゃになって
ボケが更にボケた感じで
いつの間にか正常に戻った気がします

写真 042写真 040






久しぶりの更新ですが
まずはロンドンでのこと・・・イギリスには、18歳〜19歳の頃に1年間住んでいたし
その後も、ツアコンのお仕事で頻繁に訪れていた国なので
ロンドンなんか超慣れっこと、高をくくっていたら、あらら・・・

写真 025写真 030






「これらは何ですか?」
NZ滞在歴が予想(予定)外に8年にもなり、その間イギリスへは訪れる機会がなかったので
かれこれ10年以上ぶり・・・そりゃ、近代的な建物も増えるってものですね
これらは、現代建築で著名なノーマン・フォスター卿の作品なんですって

また、最後に訪れた時に
ロンドン東部に大規模ウォーターフロントが再開発中だったのが
とっくに完成しており
御馴染みのロンドンのイメージとは180度違う雰囲気が、かなり新鮮でした
よく中国に詳しい方達から「じゃあさ、最後に上海へ行ったのは、いつ?」と、尋ねられて
こちらも、ツアコン時代に行ったっきりなので
「かれこれ10年以上前・・・」と、答えると
「あ〜もう全然変わったよ
昔に比べると別の国だね。」とのこと
南半球に引込んでいるのも、ほどほどにしなくちゃ・・・と、思わされる瞬間

写真 027そんなロンドン
まだまだ、何か建築中・・・





写真 039そんな中で、地下鉄は相変わらずで・・・






写真 004写真 018






懐かし〜な
遊び盛りの年頃をロンドンの街で過ごしたので
想い出がいっぱいなのです

当時は、公園なんか興味が無く寄る事も無かったのだけど
NZの影響か?歳を重ねたせいか?都会のオアシスを見ると
朝起きてから、お散歩したくなりますね
寒いのに、しっかり咲いていましたよ・・・

写真 006写真 009






写真 012しかも、こんな可愛い子ちゃんとも遭遇

癒されたひと時




・・・それにしても「リス」を英語で発音するのは難しい
今回、英国老紳士と軽く会話する事があり
彼から「君、日本人の割には英語上手だね。」なんて
お世辞としか思えない発言があり、完全否定すると
「まあ、でもアメリカンアクセントっぽいけどね。」なんて言われ
「いやいや、アメリカへは過去に仕事で数回行っただけなので・・・」と、それも否定すると
「ところで、どこに住んでますか?」と、尋ねられ
「ニュージーランド」と、答えると
「あー だからか〜!」
と、まあクイーンズ・イングリッシュの国の方から
英語の発音を指摘されたのですが
NZに居ると、英語を母国語としない人種が多々移住しているので
そりゃ、変なアクセントにもなるってもんで(←わたくしだけかもしれませんが
英会話の基礎を、18歳でイギリスで学んだはずなのに(←つもり)
マケドニア共和国出身の友人からも「若菜って、若菜語で話すよね」と
思いっきり自分の事を棚に上げて言われるけど
「通じりゃいいのよ」と、全く気にもしていなかった事が
イギリスでは「少しは英語の勉強をしようかな・・・」と、思わせられるのはナゼかしらね

写真 035写真 023写真 021






それもまた、イギリス風情ということでしょうね。



wakananz at 02:07│Comments(0)NZ国外旅行 

コメントする

名前
 
  絵文字