May 11, 2012

超ドメスティックは嫌!

ひとつ前の記事で「超ドメスティックが良い!」と、書いたばかりですが
今度は「超ドメスティックが嫌!」な話題です

大阪に滞在中
弊社の経理スタッフよりメールが届き
今月末までに用意して頂きたい書類があるとのこと・・・なんでも
IRD(NZの税務署)が、弊社の各Share Holderの海外収入の調査をするらしいのです
NZも、クライストチャーチの復興などで何かと物入りなせいでしょうか?初めての事です。
もしNZ以外の国に個人口座を持っていれば
その詳細を記した書類を提出しなければならないので
日本にも個人口座を持っているわたくしは、このタイミングでの調査は都合が良いと
面倒ではあったのですが、早速、書類の手配に取り掛かりました。

日本の銀行へ事情を説明すると
すんなり理解して下さったのは予想外で「お、スムーズに書類が手に入るかも」と
期待したのも束の間・・・ナント!英語表記の書類は用意できないとのこと
その上!記載されている日付は、西暦ではなく元号なのです
「そんな書類がNZで通用するのか?自費で翻訳させられちゃうの??」と、不安の中
「日本って、このままでいいのか?」と、別の不安も・・・
鎖国中でもあるまいし、もっと国際化対応して下さい

それにしても、各書類が手元に届くのに1週間は掛かるし
手数料は掛かるしで・・・元々IRDへ貢献できない内容なのに
利益にならない作業に時間を費やした上に、相手の都合で掛かる費用を考えると
今回の調査は、なんとまあ生産性の無い事でしょう



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



コメントする

名前
 
  絵文字