July 10, 2012

日本の女子高生の為に講演!

かれこれ1週間以上もブログの更新を怠っていた理由・・・
空いた時間が出来ると、講演用原稿の仕上げに取り掛かっていたので
その間は、どうしても他のこと(ブログ)で文章を綴る気になりませんでした

それ程までに、集中して取り組んだ事とは
「NZで働く女性」というタイトルで引き受けた講演が控えていたからなのです

対象は、修学旅行にて大阪よりお越しの女子高生達
次世代の大和撫子達へ伝えたいメッセージが山ほどあるのですが
それを、分かりやすく!簡潔に!な内容にし
長くとも30分以内に、まとめる事に気を使いました

写真 662そして、当日・・・
会場となった、ホテル「Stamford Plaza Auckland」の宴会場へ出向いて
柄にも無く、講師となっておりました

写真 666






講師と言っても、堅苦しい話をするわけではなく
わたくしのありのまま、実体験を踏まえて
海外へ対する一般常識的な印象を覆す内容にて、お話させて頂き
「海外なんて大した事ないんだからさ〜自信を持って世界へ羽ばたいて!」と
経験上のアドバイスを含めて語らせて頂きました

講演後は、質疑応答の時間もあり
中には、すでに将来の目的が明確で
ITエンジニアになれたとして、その後の起業相談もありました!
それって、NZ移住の相談をされる大人の方達と全く同じ内容だっただけに
「すごい・・・わたくしの高校時代とは大違いだわ・・・」と、感心しておりました
他には「シェフになりたいんですけど、どう思いますか?」とか
「私はシャイなんですけど、それって海外では損するんですよね・・・
どうしたら、そんな性格を変えれますか?」などなど
回答をする度に、自身の過去を振り返っていたので
なんだか、純粋な気持ちに浸れて心地良かったです

BlogPaintBlogPaint






最後は、やはり女子高生
「一緒に写真撮って下さ〜い!」攻撃をして下さり
本当に、超久しぶりに女子高生達と絡めて
楽しい時間を過ごさせて頂きました

それと、今回は
わたくしの他に、もう1人講師として呼ばれた方がいらっしゃいました。
その方とは偶然にも共通の友人がいるので、お互いに名前は存じ上げていたり
JAPAN DAY」の際には、ステージ上で
司会者とゲスト(わたくし)という関係で接近はしているものの
今まで直接お会いする機会がなく、ようやく初対面を果たした
ウェディング企画会社「Amicale NZ」の社長・荒川 千明さんと、ご一緒でした。

BlogPaintそれが、千明さんは元・アナウンサーだという事を以前から知っていたので
初め依頼があって、ご一緒することが判明した時は
超プレッシャーで、比較される事を気にしていたのですが
途中から「わたくしには、わたくしのキャラがある!」と、開き直って
あくまで予想の範囲でのことですが
お互いに両極端な話になる様な構成にしようと思い立ったのです

千明さんの人との接し方もそうですが
お話を聞きながら、なんと品が良い方なんだろう・・・と
学ぶべきポイント多々で、お勉強させて頂きました


今回の講演では、お心付けを頂いたのですが
今後は、対象が学生さん達であれば
無償で、こういう任務を引き受けていきたいと思っております。
それが、わたくしが今までお世話になってきた方々からの恩送りだと思っているからです。



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 14:26│Comments(2)お仕事 

この記事へのコメント

1. Posted by 亜衣子   July 11, 2012 05:17
 私も女子高生に紛れ込み(無理がある)、若菜さんに羨望の眼差しを向けつつ、拍手喝采したかったです♪お疲れ様でした。その女子高生の中で、将来『私が影響を受けた人』に若菜さんの名を揚げる生徒や、NZで活躍する女性も少なくないでしょうね。とっても格好良いです。
2. Posted by 若菜   July 11, 2012 07:19
亜衣子
いえいえ、そんな大層な者ではないので、逆に「こんな人でも海外でやっていけてるんだ〜」と、ハードルを低くしてあげて自信を持たせることが出来るのが私の役目かなと・・・ただし「英語と日本の歴史&文化を今時間たっぷりある学生の内にしっかり勉強しないとダメよ!じゃないと、私みたいに後にめっちゃ苦労するんだから!」と、プレッシャーを与えない様に言い聞かせました。微力だけど、ほんのちょっぴりでも役に立てれば嬉しいね。

コメントする

名前
 
  絵文字