July 02, 2013

素敵な老婦人達のNZ・北島ツアー!最後

前記事の続きです・・・

今年は、例年に比べると暖冬で
晴れの日も多いのですが、所詮は冬・・・お客様達がご滞在中は
「雨が降る日が少ないといいなぁ〜」と、願っていたら
少ないどころか、見事に1日も降られることがありませんでした

今回のお客様である老婦人達+豪華キャスト達とご一緒していると
全員がポジティブで明るい性格なせいか、常に心地良い雰囲気が生まれるので
物事が勝手にプラスの方へ動いてくれて
本来の目的であった、息子さんのご家族とも無事に初対面を果たし
長年のブランクも感じさせない程の親交が新たにスタートしたのです

写真 1944ロトルアでの最後の晩の事・・・
お食事中は、老婦人達がプライベートから政治まで
多岐に渡る話題にて、お話をして下さるのですが
その中で最も印象的だったのが
日本を出発する前に周囲よりNZ行きを止められたお話・・・


地元が田舎なせいもあって、周囲の方達が
「あなた、いくら息子さんから招待されたからって
そんな歳でNZへ行くなんて死に行くようなものよ!止めときなさい!!
どうせ、ろくな食べ物も無いんだろうから無事だったとしても
身体を壊して帰って来るのがオチよ。」と、散々言われて来たそう・・・なので
実は、死んでもいい覚悟でお越しになったとか
その背景には、唯一の心配だった息子と、その家族に会えるのであれば
それ以外は悔いの無い人生を歩んできたという気持ちがあり
73歳のご友人は、数年前に白血病を患い1度は覚悟を決めたから
今となっては怖いものは無いという気持ちが後押ししたのだとか

ところが!実際にNZへ到着して、日が経つにつれて
「食べ物は美味しいし、空気が良いからかしら?凄く元気になった気がするし
 とっても素晴らしい国じゃないの
 これは帰ってからミンナに反論しなくちゃだわ
 ここには孫もいるし、こんな世界があったなんて・・・
 まだまだ色んな物を見たくなったから、長生きしたい欲が出てきた。
 まだまだ、これから!これからよね!!」

たぶん彼女達のことだから、帰国したら英会話教室にでも通い出すかも

ここに文章では書き綴れ無い程
わたくしには、良き先輩として見習うべき方達でした・・・
久しぶりに「出会えて良かった」な方達と、ご一緒できて
「これぞNZで仕事をしていて最も価値があること」なのです



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 23:29│Comments(0)大切なお客様 

コメントする

名前
 
  絵文字