December 18, 2013

バリスタな友人の送別会&忘年会!

わたくしよりもNZ滞在歴が長い男友達(日本人)に
日本在住の彼女が出来た事により、セミ寿帰国することになったので
同世代の仲間達が集って送別会!
&時期的に忘年会も!で、ございました

BlogPaint場所は、今回もまた
CITYに新規オープンしたばかりの
居酒屋「Kintaro on Fuji(富士の金太郎)」




メンバーのひとりなんか、わたくし以上の来店回数で
「マジでココの寿司は最高っす」と
飲み会の初っ端から「握りを、お任せで10カン」と、オーダーするので
「はあ〜」と、呆れながらも皆でシェアする分かと思いきや
「いや、とりあえず僕ひとりで食べるので
皆さんも、お好きな物をオーダーして下さい」と・・・全く協調性を無くしてまで食べたくなる寿司らしく
そんな行為を許された輩を見て、また別のメンバーが「じゃあ、俺も」と・・・

写真 2313そんな自由人達を横目に
他の呑み助さん達は、刺身をオーダー

この日は、日本より空輸されてきた「日本の鮮魚」があるとのことで
まぐろ(赤身)、銀だら、サバ、たこ、あん肝を頂いた瞬間
ミンナ声を大にして「激ウマ〜」と・・・結局
「やっぱり私もお寿司をオーダーしようかな・・・」ですって

写真 2312とりあえず、わたくしは
ミンナでシェア用として
「金太郎焼」という名の、明石焼ちっくな餡掛けタコ焼




写真 2314「つぼ鯛の西京焼」
この「つぼ鯛」も日本より空輸されてきたとのこと





写真 2315これは賛否両論だった
「揚げ豚足」
わたくしは「わおっ コラーゲン補給」と
かぶりついておりました



お腹も落ち着いてきたところで、わたくし突如
ある事に挑戦する気に・・・というのも
今回の参加メンバーのほとんどが、偶然にも関西出身で
主役(関東)とわたくし(九州)だけが異なっていたのです・・・が!
これまた偶然にも、主役は日本帰国すると関東ではなく関西へ移住予定とのことで
今回は、皆様より関西流儀を教えて頂く良い機会にもなったのです

そこで、これまたまた偶然にも
メンバーのひとりが昨日、同所にて会社の忘年会があり
「漫才」を披露したとの話を聞いていたので、急遽
「ねー昨日の漫才を今からやってみせてよ
 関西へ行ったら漫才の一つや二つ出来ないと、まずいっしょ」と、お願いすると
即答で「あ、そっすね!丁度、カバンの中に台本もあるから誰か相方やってくれるなら出来ますよ
とのことで・・・

BlogPaint相方役を引き受けたのは、主役
ではなく関西出身者
ではなく、ナゼか
わたくし・・・関西人達を前にしてチャレンジャーです

個人的な計算では
「そもそも人生初の漫才が、どんなものか全く分からないド素人っぷりが
意外とウケるはず」な読みがあったのですが
台本を見ながら、わたくしなりに挑戦してみると
皆様より野次なブツブツ攻撃を受けてしまいました・・・



写真 2321そんな送別会&忘年会後
バリスタな主役が、自身で豆を選んで挽いてブレンドしたという
愛情が込もったコーヒーをプレゼントして下さいました




写真 2323しかも、こんな気配り付です・・・






NZには、ぶっちゃけ
気の合う友達が本当に数名しかいないのに、その内の1人が帰国することになって
個人的には痛いのですが、帰国理由が理由なだけに
引き止める事なんか致しません
実際に彼の決断を聞いた時に「正解 とっとと帰るべき」とまで断言したので
絶対、幸せになってね



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



コメントする

名前
 
  絵文字