May 03, 2014

福岡県宗像市はラグビーの街?!

よくよく考えると、この時期は毎年
福岡市にある「レベルファイブ・スタジアム」まで
ラグビー「HSBCアジア5カ国対抗」戦での日本代表を応援に行っていたのですが
今年は、残念ながら試合そのものが開催されなかったので
つまんないなぁ・・・と、思っていたところ
日本代表の合宿は、例年通り宗像市で行われているとのことで
差し入れだけ持って行きました

すると、同時期に宗像市では
高校生世代のラグビー国際大会「SANIX WORLD RUGBY YOUTH TOURNAMENT 2014」が
開催中とのことで「よかったら観に来ませんか?」と、お声掛け下さった方が
偶然にも2名もいらっしゃって、せっかくの機会だったので
女友達とのドライブがてら、お邪魔して参りました

お声掛け下さった2名の内
1人は、NZ(オークランド)在住者で
今大会の優勝候補「ハミルトン・ボーイズ」のお世話をされている
某・ラグビーエージェントの代表さん
1人は、福岡在住の同級生で
強豪「東福岡高校」のコーチさん
ということで
これまた、せっかくの機会なので
お節介ながらも、2人を繋げたりしていると
「法政大学」のコーチさんも繋がったりと・・・ちょっとは役に立った様で良かった

この大会、存在自体は知っていたのですが
今回、初来場して驚いたのが
参加国は、日本・NZ・オーストラリア・イギリス・カナダ・南アフリカ・ウルグアイ・韓国・香港
からの総勢24チーム(男・女)、それに海外レフリーが4名
と・・・まさか、あんなに田舎な宗像市で
そんなに立派な国際大会が行なわれていたとは、思ってもみませんでした
しかも その費用を負担しているのは
福岡県に本社を構える企業「サニックス」とのこと
「サニックス」は、宗像市に本拠地を置くラグビーチーム
「宗像サニックス・ブルース」を持っているので
日本代表が、宗像市での合宿で利用している「サニックス玄海グラウンド」もあったりで
わたくしの中で、今まで
「宗像市=海の街」だったのが「宗像市=ラグビーの街」に、変わりつつあります

それはそうと、NZ在住である某・ラグビーエージェントの代表さん曰く
「NZでは、この大会は日本以上の評価がされていて
 テレビ放映も再放送も10回どころではなく、20〜30回以上されています。
 日本から帰ってくれば、キャプテンと監督
 それにコーチや校長までスタジオに呼ばれて、インタビューを受けて1番組作られます。
 スポンサーのサニックスへは、海外からのチームは
 感謝しきれない程の感謝の気持ちを持って帰国します。
 そしてまた、出場したい!との気持ちを持って頑張ります。
 海外遠征したいチームはたくさんあるのですが、ここまでサポートをしてくれる遠征先はなく
 NZの高校生選手に大変良い経験になる大会なのです!
 海外からの一流国チームと試合をしている日本の高校生達も幸せな顔をして
 自分が恵まれていると感じながらブレイしていると思います。
 本当に素晴らしい大会です!!」
とのことで、更なる驚きと感動でした

DSC04426会場の「グローバル・アリーナ」へは
NZ代表「ハミルトン・ボーイズ」の
試合開始時間に合わせて行ったので
また新たな発見

試合前に、高校生選手も「ハカ」をするんですね


試合後・・・上記2名と記念撮影をしようとしたら
気を使って下さって「ハミルトン・ボーイズ」のキャプテンとスター選手を呼んで下さって
ミンナで一緒にパチリ

BlogPaintこの2選手は、将来有望で
ハミルトンが本拠地の
スーパーラグビーチーム「チーフス」入り出来る程の
実力があるとのことで
ひょっとしたら、この写真は
将来、自慢できる1枚になるかもしれないとのこと

実は、わたくし
会場の「グローバル・アリーナ」へは、昨年とある用事があって訪れたことがあり
ヨーロピアンちっくな建物のスポーツ総合施設には
いくつかの飲食店が入居しており
その中に、美味しいパン屋さんがあるのを覚えていたので、覗いてみると・・・

DSC04431ラグビーボール型のパンを発見






BlogPaint広場では、バグパイプの演奏や写真撮影が行なわれていたので
女友達の娘ちゃんと一緒にパチリ
彼女にとっても、良い国際体験の場になって
女友達(彼女のお母さん)から感謝されちゃった




出店もいっぱいあって、楽しいひと時を過ごせたので
来年のGW期間中のお出掛けプランに、お勧めです



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



コメントする

名前
 
  絵文字