July 03, 2014

アルデンテのパスタが食べられるレストラン!

前記事の通り、1日1食の生活を送っていると
寝る前にベッドの中で、身体が欲している食べ物が
自然と頭に浮かぶ様になるんです・・・
わたくし個人的には、とっても良い事だと思っております
自身の健康管理にも役に立つし
食材の有難味を実感できて、お食事を頂く際には感謝の意を込めて「いただきます。」
より美味しく頂いた後は、幸せと共に「ごちそうさまでした。」
常に満腹の状態では薄れる感覚ですからね・・・

よって、その時々で
お肉だったり、お魚だったり、御飯だったり、お野菜だったり異なり
「明日のランチは、○○が食べたいから○○レストランへ行こう!」と
明確に決めることができます
ここ最近は、無性にパスタが食べたかったのですが
なんせNZでは(キウイには)、アルデンテ意識が無いと言っても過言ではない程に
どんなに名が知れたイタリアン・レストランへ行ったところで
やわやわパスタが出てくるので
毎回、口を酸っぱくして
「絶対にパスタは、アルデンテでお願いします」と、オーダーするのですが
今まで満足させて頂いたことは、ほとんどありません

1日1食の生活なので、前記事にも記載しておりますが
主要である食事(ランチ)は、わたくしにとってはディナーなので
どん欲に、美味しい物を食べたい願望は一入・・・
そんな時に「あ!」と、閃いたのが
わたくしが飲食店を経営していた時代の
元・スタッフである美人で素敵女子ちゃん
以前「旦那の友達でイタリアン・レストランで働いている方がいて・・・云々」
と、言っていたのを思い出したのです
日本人シェフさんならば、絶対にアルデンテにしてくれるはず!な、期待があって
思い立ったら、即行動のわたくし
夜な夜な彼女へ電話して、改めて情報収集していると
翌日に連れて行って下さることになったのです

向かった先は、パーネルにある
イタリアン・レストラン「Di vino Bistro

てっきり、お初なレストランだと思っていたのですが
名前が変更になって、気が付かなかっただけで
何年も前に、別の友人より「友達が働いているから、行ってみようよ!」と、誘われて
お邪魔したことがありました・・・ということで
その日本人シェフさんとは、その時に1度お会いしたことがあったのです

なにはともあれ
着席すると、まず最初に
我々がオーダーしていない前菜が出てきて「あれ」と、思っていると

DSC04842ナント!常連客である彼女の旦那様が
午前中に、コーヒーを飲みに来店されて
予約と手配をして下さったとのこと・・・




DSC04843よって、日本人シェフさんへ
事前に、わたくしの要望もバッチリと伝わっており
完璧なアルデンテが食せたのです

日本在住の皆さんには、大した事ではないかもしれませんが
NZ在住の日本人にとっては、わたくしみたいに
喜ぶ方がいらっしゃると思います

DSC04844その他にも
ここのイタリア人オーナーさんが
毎朝、生地をこねているというピザも美味しかったし




DSC04846何より、働いている皆さん・・・
イタリア人オーナーさん
日本人シェフさん
ホールを担当されていた日本人シェフさんの奥様
のフレンドリーな接客が印象的でした



何年も前に来店した際は、夜だったし
車にて連れて行って頂いたので
イマイチ、立地を把握していなかったのですが
こちらはパーネルとはいえ、CITY寄りにあるので
今回、歩いて行ける範囲だということが判明

ご紹介&ご予約をして下さったご夫婦と
店内にて抜群のホスピタリティーで対応&接客して下さったご夫婦のお陰で
楽しい午後のひと時を過ごす事が出来たことに
心より感謝です
また、お気に入りのランチ場所が増えました



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



コメントする

名前
 
  絵文字