December 15, 2014

有明海の珍味ランチ!

福岡県へ到着して早々に
今年最後の重要な任務を遂行するも
すんなり完了して、時間ができたので
急遽、友人である某・商社の社長より頼られた件も遂行してあげることに・・・
なんでも、スペインにある会社とのスカイプ商談にて通訳依頼だったのですが
13年間も英語圏に住んでいるとはいえ
単純に英語能力では、自社の商談時ですら通訳を入れることもあるので
使いモノになるかどうかは怪しいけれど
外国人との交渉や商談そのものに関しては慣れているので
その点だけでは多少は力になってあげれるかな・・・と、前置きした上でのことだったので
あくまで報酬は「美味しい和食」にて、手を打っていたのです

DSC06409DSC06410DSC06411







「白身の王様」とも呼ばれる真アラ(本クエ)が出てきたのをきっかけに
口の中が海鮮モードになってしまい、その翌日は
別の友人である女性経営者さんと会う約束があったので
ちょっと足を延ばして、柳川市にてランチ

目的は、日本最大の干潟で
独自の生物相が特長の「有明海」の珍味です

DSC06356まずは、生まれて初めて食する
「ムツゴロウ」のお刺身(写真・右)
それに「エツ」のお刺身(写真・左)と
「タイラギ」のお刺身(写真・下)

ちなみに食後には、これらは

DSC06370天婦羅になりました。






DSC06359お次は「クツゾコ」の煮物

ビタミンB2が豊富なんですって





DSC06360これらをひとつづつ説明すると・・・






DSC06364「ムツゴロウ」の甘露煮






DSC06363「シオマネキ」の、がね漬






DSC06362「メカジャ」

化石時代から生きていて「生きた化石」と、言われているそう




DSC06366「海茸」






DSC06367「マジャク」






DSC06368「エツ」の南蛮漬け






DSC06365「アカクラゲ」の酢ミソ和え

ノンカロリーなんですって




DSC06361「イソギンチャク」の和え物

別名・ワケノシンノスと言い
語源は「若い者のケツの穴」なんですって



DSC06369「イカ」の醤油漬け







だそうです

もちろん後に、自身でもネット検索かけて
しっかり調べたので、また新たな知識を得ることができて
お勉強になりました

お腹がいっぱいになったところで
せっかく水郷「柳川」まで来たので
川下りをしてみることに・・・

BlogPaint川下りは、何度も体験したことがありますが
冬季限定の「こたつ舟」は、初めてだったので
テンションが上がります





しかも、2人で貸切
お腹がいっぱいじゃなかったら、舟上にて
柳川名物であり、福岡の鰻と言えば・・・の
「せいろ蒸し」を、食べたかったなぁ〜

BlogPaint川下り中に
川に沿う道路を通行中の人々より
「おねーさん達、よか船頭に当たったね! 
 その人は、えらい詳しかよ〜!!」と、お声掛け頂いた通り
約20年のキャリアがありながらも、お休みの日は今でも
図書館でお勉強しているという超プロフェッショナルさんより
様々な情報を与えて頂き、これまた、お勉強になりました

DSC06378DSC06381DSC06384







DSC06386ここでもまた、中国人(特に台湾人)の観光客で賑わっており
1舟に、満員状態で乗っていらっしゃるので
← こんな難所を通過する際は
ちょっとしたエンターティメント的な
船頭さんの技を拝見することもできました・・・


DSC06391船頭さんは、橋をくぐる前に
このハシゴを使って、橋の上へ移動して
舟だけ通過させたら




BlogPaint船頭さんが橋上よりジャンプして






BlogPaint舟に戻ってきました







そんな光景に拍手を送りながら
中国人の観光客の方達と、すれ違う時は
「ニーハオ!」と、ご挨拶

わたくしみたいに、海外生活が長い
なんちゃって外国人には
5感にビシビシくる風情がある場所が楽しくて仕方がありません



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



コメントする

名前
 
  絵文字