April 27, 2015

はての浜へ行く!

前記事の続きです・・・

DSC08051久米島でのメイン・イベント日は
願いが叶って快晴に恵まれました





DSC08084普段は食べない朝食ですが
ホテルの朝食バッフェに「海ぶどう」や「もずく」などの
美容と健康に良い海藻があったので
大量摂取してから向かった先は・・・




DSC08095久米島の港よりボートにて約30分かけて行く
3つの無人島「メーヌ浜」「ナカノ浜」「はての浜」の
総称「はての浜」と呼ばれる
エメラルド・グリーンの海に浮かぶ
真っ白な砂浜の島



DSC08092この島へ上陸する為に利用するツアー会社のほとんどは
真ん中に位置する「ナカノ浜」へ上陸するのですが
久米島より最も離れた場所にある
1番奥の1番広い「はての浜」へ上陸できるのは
「EEF SPORTS CLUB」のみという情報を得て
利用させて頂きました


すると、そこは
「ここが日本の海」と、信じられない程に
予想をはるかに超えた海の美しさに
見惚れてしまいました

DSC08101IMG_0744






DSC08136海水へ入れた手は
日光でキラキラ光る沖縄の海をイメージしたネイルが
はっきり見える程です





DSC08139真っ白の砂浜にて拾った
大きな貝殻や
今までに上陸されたお客様達が
作成したのでしょうか・・・




こんなに可愛い貝殻や、打ち上げられた珊瑚で造った♡を発見

DSC08103DSC08105DSC08134







我々も、次に上陸されるお客様達の為に

IMG_0745DSC08133







作成してみました




綺麗な海には、色取り取りのお魚さんも泳いでいます

DSC08128DSC08129IMG_0762






DSC08125他のお客様が持参されていた
お魚さんの餌(麩)を、分けて頂いたので
海へ投げ込むと、海岸近くであろうとも
たくさんのお魚さんが寄って来ました

これには、孫娘ちゃんも大喜び

BlogPaintほっこり幸せ過ぎて
ついついテンションが上がってしまいます






そんなパラダイスに、ずっと居たかったのですが
名残惜しくも久米島へ戻る出航のお時間・・・

DSC08142DSC08115IMG_0750







久しぶりの海水浴を終えると
お腹がペコペコだったので、この日もまた久米島料理を堪能

DSC08164アイゴの稚魚の塩漬けが乗った島豆腐
「スクガラス島豆腐」





DSC08172「お刺身の盛り合わせ」として
島タコ、セーイカ(ソデイカ)、イラブチャー(ブダイ)
ミーバイ(ハタ)、タマン(ハマフエフキ)、クロカワカジキ
マグロ、サーモン、かつおのタタキ、しめ鯖



DSC08175DSC08177「アバサー(ハリセンボン)汁」






DSC08173「久米島赤鶏のチャンプル」






DSC08174「島野菜の天婦羅」として
島らっきょう、紅芋、ゴーヤ、サクナ(長命草)





DSC08176海ぶどうが入った
オリジナル「島ロール」






どれもこれも美味しくて
ついつい食べ過ぎてしまい、運動がてら
ホテルへ戻って、プールへ入ろうかと思いきや
アイドルになるのが夢である孫娘ちゃん
プールサイドにてモデルごっこが始りました・・・

DSC08160DSC08150DSC08153












小学1年生にして、大人顔負けの「美」意識の高さに
アラフォーちゃんは、たじたじですが
そんな彼女から「若菜さんみたいになりた〜い」なんて言われると
アラフォーちゃんは、メロメロとなり貢ぎたくなるのです・・・が!
ここで母より忠告「騙されちゃいけませんよ
恐るべし・・・今時のお子ちゃま

そんな楽しい接待は
まだまだ続きます・・・



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



コメントする

名前
 
  絵文字