大切なお客様

February 06, 2015

沖縄からのお客様!その6(帰国日)

6日間に渡るアテンドも、遂に最終日・・・
最終日と言っても、夜便での帰国日でもあるので
大量の荷造りや、ホテルのチェックアウトもあるかと思い
この日は、ランチのみご一緒させて頂きました

お天気が良かったので、日光がサンサンと入ってきて
オークランド港が見渡せるレストラン「OSTRO」へ
お邪魔して参りました

DSC07264DSC07263







この日は、祝日(Waitangi Day)だったので
いつものビジネス・マンにて溢れている店内とは打って変わって
ゆっくりした時間が流れておりました

DSC07265DSC07266







イギリス人さんからは
最後の最後まで、ずっと御礼の言葉を頂いた上に
4月末に沖縄にてイギリス人さんが主催する
有名アーティスト達によるチャリティーコンサートへの招待も頂いたのです
実は、この方の経歴は
華やかな世界でも活躍されてきたので、芸能界も強いのです・・・なので
わたくしの頭の中には
「沖縄にリトル・ニュージーランドが出来ちゃうんじゃないか」な
予感がしないでもありませんでした

その翌日・・・秘書(日本人)さんより
無事に到着した連絡と、改めて御礼のメッセージが届いたのですが
それとは別に、プライベートとして
可愛らしいメッセージが届いたのです

実は・・・秘書(日本人)さんには、一人娘がおり
旦那様もお忙しい方なので
NZ渡航中は、彼女のご実家に一人娘ちゃんを預けて来たのは存じ上げており
わたくしより、一人娘ちゃんへ
お留守番のご褒美として、お土産を託していたら

BlogPaint一人娘ちゃんより、動画による
御礼メッセージが届いたのです





それがもう、めちゃくちゃ可愛くて
世の祖父母が孫に貢ぐ気持ちが、心底理解でき
独身のくせに、既に孫を持った気分で
ヘラヘラしながら拝見しておりました

しかも、両手には
ママ(秘書(日本人)さん)からのお土産の
ぬいぐるみを抱えているのを見て・・・すかさず、ママ経由にて
「そのピンク色のクマちゃんは、わたくしとお揃いよ」と、伝えると
「ねえ、ママ〜 どうやったら私も若菜さんみたいになれるのぉ?」だって、だって・・・
もうすっかり骨抜きにされて
彼女の妄想を壊さない女性であり続けることを誓うのでした

<完>



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 21:13|PermalinkComments(0)

February 05, 2015

2日連続でお邪魔したレストラン!

前々記事前記事の続きです・・・

MATAMATAよりオークランドへ戻り
衣装を変えてから向かった先は、レストラン「Clooney

今朝、イギリス人さんからも
「昨晩のレストランは、最高だったよ
 サービスが良くて、5皿コースにするか7皿コースに聞かれたけど
 料理もワイン全て任せるって、言ったんだ。
 オーナーやホール・スタッフとも会話してたら、なんだかんだで4時間も滞在してたよ。
 だから、若菜さんが予約してくれた事も話しているから
 君とも一緒に行きたいんだ。御礼をさせてよ!」との有り難いオファーを受け
今宵は、わたくしも同席させて頂くことになりました

DSC07245あえて、昨晩と同じ秘書(日本人)さんの名前にて予約をしたので
コース料理のレストランにて
2日連続お邪魔すると、どういうアレンジをして下さるのか
興味津々でございました




彼らが店内へ入ると
すかさず、ホール・スタッフさん達が
「お帰りなさいませ!」
「また、お会いできて光栄です!」など
当然、覚えておりますな御挨拶

すると、イギリス人さんは彼らに
わたくしをご紹介して下さって
「彼女のお陰で君達と出会えたんだよ。」とか
オーナーが来ると
「彼女が、ここを紹介してくれたんだよ。」とか
さすが!素晴らしいお気遣い・・・

着席すると、我々が何も言わなくとも
「本日もお任せ頂ければ
 昨晩とは、いくつか異なる内容にアレンジ致します。」と
出て来たお料理の数々・・・

DSC07246DSC07247DSC07248






DSC07249DSC07250DSC07251







ここまでで、既にお腹がいっぱいでしたが
次は、デザートとのことで別腹がスタンバイ・・・

DSC07252すると「これが、デザート」な
サラダの様な
← 面白い一皿にて、コース終了かと思いきや





ホール・スタッフさんが
「この後は、小さなデザートを2皿お持ち致しますが
 まだ召し上がれますか?」と、尋ねて下さって
「あ〜そうか・・・
 ここは、デザートが2皿あるんだった!」と、想い出しましたが
「ん 1皿多くないか・・・」と、尋ねると
その1皿は、昨晩イギリス人さんが絶賛していたデザートを
特別に追加したとのこと・・・さすがのホスピタリティーです

DSC07253DSC07254







そして、お食事が終わった頃
再び、オーナーさんが現れて
「今宵も明日の御朝食をご用意致しました。」と

DSC07260こんな箱をプレゼントして下さったのです

なんでも・・・昨晩も頂いたそうで
自宅へ戻って開けてみると



DSC07262「焼き立てのブリオッシュ」と
「自家製ジャム」と
お手紙が入っておりました





それに、至る所に「Thank You」の言葉が・・・

DSC07261DSC07267






DSC07270こうして、翌朝も「Clooney」でのひと時を
想い出すのです






BlogPaint昨晩は、結局
我々が最後のお客様となったので
オーナーさんも着席されて
NZの飲食業界について、お話して下さり
しばし会話を楽しんでから帰宅しました・・・
楽しいひと時をありがとうございました




人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 19:46|PermalinkComments(0)

沖縄からのお客様!その5(Hobbiton)

イギリス人さんの行動&決断の早さで
今回の商談は、ほぼ全て
昨日にて完了してしまったので
本日は、フリー
とはいっても、せっかくNZまでお越しになられたので
「どこか行きたい所があれば、ご案内しますよ」と、お伝えすると
開口一番「Hobbiton(ホビット村)へ行きたい

・・・との回答に意表をつかれて、秘書(日本人)さんの方を向いて
「えっ」と、驚いてしまいました
秘書(日本人)さんいわく
「ボスは、ピーターパンなので・・・

そういえば・・・過去にも
バリバリのやり手経営者(日本人)さんより
「Hobbiton(ホビット村)へは、どうやったら行けるんですか?」と
尋ねられて「何でまた、そんなとこに行きたいんですか?」と
尋ね返すと「あの小さな家を店舗内の個室設計の参考にしたいんですよね・・・」
と言われたことを想い出し、とりあえず納得

念の為に、ご本人へ理由を尋ねてみると
「ロード・オブ・ザ・リング」の原作「指輪物語」は
 イギリス人にとって、誰もが幼き頃に読む本でさ
 それが映画化されると聞いた時、そんな偉大な本に
 よくチャレンジするな・・・と、思って見たけど
 映画も良かったんだよね。俺なんか全作見たから
 NZへ行くなら、絶対に、ホビット村のロケセット見学は外せないと思ってたんだよね。」

なるほど

わたくし「Hobbiton(ホビット村)」へは
約2年前に行ったことがあるのですが
わたくしの価値観では、入場料に$75も支払うくらいなら
東京ディズニーランドへ行った方が全然良い
としか思えない場所なのに

DSC07218わたくしの価値観には反して
海外からのお客様が多いこと
大人のお客様が多いこと
大変人気がある観光地となっていることの理由が
分かった気がします






前回は「Hobbiton(ホビット村)」入口の手前にある
「The Shires Rest」まで自家用車にて向かい
そこで受付を済ませて、専用のバスに乗り換えたのですが
今回は、MATAMATAの街にある「i-SITE」でも受付ができるので
あえて、専用バスの出発地に選びました・・・なぜならば
「i-SITE」の建物は、ボビットしているし

DSC07221DSC07217DSC07244












ランチ場所の選択肢もあるのです

MATAMATAの街を散策しながら
「ランチは、どこで食べようか〜?」と、キョロキョロしていると
秘書(日本人)さんが「あ、ここはどうですか?」と、提案して下さったのは
ナント!オークランドにあるイタリアン・レストラン「Portofino」の本店を経営する
フランチャイザーの友人が

DSC07219MATAMATAにオープンさせた
イタリアン・レストラン「Osteria da Gino」でした

以前より話には聞いておりましたが
実際に来れて良かった



ランチ後、専用バスに乗り換えて「Hobbiton(ホビット村)」へ到着すると
イギリス人さんは、童心へ戻り
終始、笑顔で楽しんでおられ

BlogPaintホビットに、なりきっておられました






BlogPaintわたくしも、どちらかと言うと
そのノリは嫌いではないので
パン屋さんに、なってみました





秘書(日本人)さんより、滞在中に何回も
「お二人は、本当に性格が似ています・・・」と、言われるのは
こんなとこなのかな

DSC07229DSC07225DSC07226







DSC07235わたくしは、2回目なので
お散歩程度に見て回るだけですが
この日は天気がよくて
牧場の景色を眺めているだけでも
心地がよく、癒されます


DSC07240わたくしとは違う意味で
木を眺めている方もいらっしゃいます・・・
ファンの方は、自前の衣装を持って来られて
「ロード・オブ・ザ・リング」の世界に浸っておられるのです。




BlogPaint今回のガイドさん情報によると
過去にドイツ人観光客の方が
「ここは、俺の家なんだ!」と
本当に自分はホビットだと思い込んでおられ
お帰り頂くの苦労したという話を聞きました



そこまで世界中の人々より愛されている「Hobbiton(ホビット村)」
イギリス人さんも大満足とのことで
NZの株が更に上がりましたとさ


続く・・・



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 16:51|PermalinkComments(0)

February 04, 2015

期待を裏切らないレストラン!

2日前のディナーは、イギリス人さんからのご要望にて
「日本食レストランへ行きたい。」とのこと・・・彼の意図は言われなくても分かるので
参考になる所として「Industry 禅(ZEN)」へ
ご案内しました

とにかく見た目にインパクトがあるお料理を選択して
オーダーすると・・・

DSC07195DSC07196






DSC07199案の定、大変喜んで頂けました







すると、途中で
メニューには無いお料理を
友人であるシェフ君が運んで来て下さって・・・

DSC07200「もうすぐ退職して日本帰国するので
 最後に、僕が作った料理を食べて下さい






それがまた、お世辞抜きに美味しくて
ここで初めて知り合った頃は、まだ20歳くらいだったから
「しっかり学んだんだなぁ・・・」と
まるで保護者の心境になって感動してしまいました

そして、最後は
わたくしのお気に入り・・・

DSC07201大きな2段蒸篭に入った
デザートの盛り合わせです








そして、昨晩のディナーは・・・

かれこれ4日間も一緒に行動していれば
イギリス人さんの嗜好が分かってくるので
独断にて「Clooney」を、予約させて頂きました
それも、わたくし抜きにて・・・
視察の中盤にもなると、社内の人間だけでの話もあるだろうし
より、リラックスした中でお食事を楽しんで頂きたい気持ちもあって
あえて「すみませんが、そろそろ片付けないといけない仕事が溜まってきたので
今夜は、ご一緒できません・・・」と、理由付けして気を使わせない作戦を決行

すると、お食事後に
秘書(日本人)さんよりメールが届いて
「予約して下さったレストランが、あまりにも素晴らしく
 オーナーさんからも、よくして頂いたので
 ボスが明日も行きたいと申しております。
 是非、明日は若菜さんもご一緒して下さい!」


続く・・・



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 14:03|PermalinkComments(0)

沖縄からのお客様!その4(グリーン・マッスル)

朝から「Henderson」地域へ・・・

北島では唯一の「マッスル(ムール貝)」の卸会社にて
ミーティングの為です

わたくしも含めジモッチー達は、ついつい「マッスル」と
略して呼んでおりますが
NZ産の正式名称は「グリーン・マッスル」と、言い
日本からのお客様達へは分かり易く「日本では、ムール貝として有名です。」と
説明しておりますが、これも正しくは
「マッスル(ムール貝)」を、品種改良して養殖により独自にブランド化して生まれたのが
「グリーン・マッスル」なので
「ムール貝の仲間」と言うべきでしょうね。

DSC07203DSC07204







「グリーン・マッスル」は、NZの北島でも南島でも採れるのですが
今回、担当者の方より
様々なお話を聞かせて頂いた中で、大変驚いたのが
「グリーン・マッスル」の卵は、いつどこで生まれるのか未だに解明されていないんですって
担当者さんいわく
「たぶん、NZの海底に資源があるとは思うけど
 どこからか卵が生まれ、それが海藻に付着して僕達が採取しているんだよ。
 ただし!NZの法律で、卵が付着した海藻は決して海中では採取してはいけないんだ。
 採取できるのは、海岸に打ち上げられたものだけなんだよ。」

わたくし「へー」と、身を乗り出して聞いておりました

しかも、海藻に付着している卵なんて
顕微鏡でしか見えない程に小さいらしいのに
「どれが卵が付着した海藻なのか分かるんですか?」との質問を聞き忘れました

BlogPaint卵の話の後は
養殖方法を聞かせて頂いて
その時に使用するネットを実際に見せて下さいました

DSC07207








世界中で採れる「マッスル」は、自身で水質を浄化させる力が強い分
水質が汚染されていると毒素まで吸収してしまうので
汚れた海にて育った「マッスル」を食するのは危険ですが
NZ産の「グリーン・マッスル」の場合
元々、NZの水質は綺麗な方ですが
それでも雨が降って水質が濁ってくると
念の為に、少なくとも3日以上は放置して採取せずに
水質が再び安定した頃に採取するという
安全面には、かなり神経質に取り扱っているので
クオリティーの高さには、相当自信があるそうです

それに「グリーン・マッスル」は
サプリメントにもなっている程に、昔から先住民のマオリ達も
健康食品として重宝していたらしく
その効能は
リウマチ、関節炎・関節痛、腰痛、肩こり
日常の活力と健康の維持・増進
血行の流れをよくする、滋養強壮
と、言われております

マオリ達いわく「奇跡の貝」だそうです

ここでもまた、イギリス人さんと担当者さんは意気投合して
1時間が経過しても、お話は止まりません・・・今回、傍から見てて思うのが
イギリス人さんは、誰とでも直に打ち解ける天性の才能がおありの様で
話がスムーズに進むし、また決断が早いので
アテンドする方も、かなりラクです
よって、この時点にて
今回のオークランドでの目的は、ほぼ全て完了したのです

そんな商談を終えると
時既に午後12時になろうとしていたので
ちょうど近くに住んでいる、わたくしの元・部下であり
秘書(日本人)さんの元・上司だった
「山水 Japanese Cuisine」にて、当時マネージャーをしていたアイアイへ連絡すると
すぐさま駆け付けてくれて、この近辺にて彼女がお勧めする
イタリアン・レストラン「La Rosa」にて
彼女達は約10年振りの再会を果たしたのです
今となってはお互いママになっているので、子供の事など話している姿が
約10年前とは大きく異なり、そんな2人を微笑ましく見つめながら
「このまま独身でも、わたくしには可愛い
 子供(山水OG)達と孫(山水OGの子供)達がいるから、幸せかも
 本当、山水やって良かったよな・・・」と、しみじみ感じておりました

そんなレストランでのお食事として
パスタをオーダーすると

DSC07209パイみたいなのが
出てきました



それを目の前にて、ホール・スタッフさんが
オープンして下さるのですが

IMG_0647IMG_0648





DSC07212パイ生地ではなく
ガーリック・ブレッドによる
カバーでした

よって、保温力も抜群で
中のスパゲティーは、熱々


何より、ガーリック・ブレッド付ということで
大変お得感もありました

それに、さっきまで話題の中心だった
「グリーン・マッスル」が、たくさん入っており
素晴らしい自然の恵みを有り難く頂きました

IMG_0650しかしながら、ここは
「ピザ」が、ピカイチでした

自宅からは、ちょっと遠いけど
今度、孫達に会いに来る時に
再来店しよう









続く・・・



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 11:26|PermalinkComments(2)

February 03, 2015

沖縄からのお客様!その3(ワイヘキ島ワイナリー巡り)

初日に行ったKUMEU地域のワイナリーは
白ワインが得意・・・「じゃあ、赤ワインは5月に南島へ行った時に探そうかな。」と
イギリス人さんが考えながら、出掛けたワイヘキ島

フェリーが港へ到着すると
ワイナリーツアー会社を夫婦で経営している
友人・佳奈恵がお出迎え・・・本日も彼女にお世話になるのですが
今回は、いつものワイナリーツアーとは違って
特別にアレンジして頂いた内容にて島内を巡って頂きます

まずは、佳奈恵の旦那様である
ワイン造りの名手とのミーティングの為に
これから新規オープン予定のワイナリー「TANTALUS」へ・・・

DSC07152ここのワイナリーは、今現在レストランも建築中なので
全てが、まだ準備段階にて多忙な中
もちろん佳奈恵の旦那様も
日々愛情込めてワイン造りに勤しんでいる時間を
1時間程、拝借させて頂いたのです


DSC07151即席の青空テイスティング会場ですが
お天気が良くて、気持ちが良かった






実は、彼もまたイギリスからの移民なので
2人共、生まれ故郷が近かったこともあって
あっ!という間に打ち解けて
会話が弾んでおりました・・・そして、作業場へと移動

DSC07153DSC07155







DSC07156このワイン樽ですが
フランスからの輸入品らしく
樽にもグレードがあり、樽によって味が左右されるとのこと





よって、各・葡萄に合う樽を考えて
メーカーが異なるんですって・・・「樽って、そんなに大事なんだ〜
と、眺めていると

DSC07158DSC07159DSC07157







お初なテイスティングが始まりました

実は、ワイヘキ島は「赤ワイン」が得意
これにはイギリス人さんも大喜びで
「Syrah・・・旨い

DSC07160DSC07161






DSC07162DSC07163







BlogPaintワイン造りの名手が
ひとつひとつ丁寧に
詳しく説明して下さるので
彼のワイン造りへの情熱を感じたイギリス人さんは
商談へと移ったのでした・・・



その後は、一般的なワイナリー巡りとして
まずは「Peacock Sky Vineyard

DSC07169ここのテイスティングは
各ワインに合う
一口サイズのお料理が付いてくるのです

いつか併設されているレストランにて
食事をしてみたいな・・・

DSC07170DSC07171







お次は「Obsidian
佳奈恵は「若菜ちゃんは、ワイヘキ島のワイナリーは全部行ったと思ってた。」と、言うのですが
ここは、お初でした

DSC07172BlogPaintDSC07175







わたくし、アルコールに弱く
ワインにも特に興味があるわけでもないのですが
NZ国内のワイナリーへは、結構な数を訪れており
銘柄と産地は自然と頭に入っているんですよね・・・

しかしながら、ワイナリーのレストランは大変興味があり
大好きです
どこも開放感があって、窓からの眺めが素晴らしい・・・

DSC07176この日は
初めてワイヘキ島を訪れた方達だったので
定番の「Mudbrick Vineyard and Restaurant」を
ランチ場所として選択しました



DSC07177DSC07178DSC07181







お腹もいっぱいになったところで
午後3時発のフェリーにて帰ろうとしたところ
イギリス人さんが「決めた」と
某・ワイナリーへ契約の話をしに行きたいとおっしゃるので
午後4時のフェリーへと変更したところ
今度は、時間が少し余ったので

DSC07185初めての「Art Gallery」へ行ったり






DSC07186佳奈恵のお勧め絶景ポイントへ
連れて行って下さったり






BlogPaint今回もまた
大変お世話になりました・・・ありがとう






続く・・・



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 19:30|PermalinkComments(0)

February 02, 2015

シーフードと夜景!

前記事の続きです・・・

NZへ初めてお越しになる方には
必ず、ベルギーパブ「Occidental」へご案内して

DSC07116NZ産「マッスル(ムール貝)」を召し上がって頂きます・・・なぜなら
今まで100%の勝率を誇る
200%以上の笑顔で喜んで下さるからです





このブログ記事として、何度も御紹介している食材ですが
今回、水産業に特化したコンサルタントさんもご一緒していたお陰で

DSC07118わたくし初めて知りました・・・
白色が「男性」で
黄色が「女性」と、性別があるんですって





このマッスルについては
2日後に訪れたマッスル卸会社での商談時に
教えて頂いた「へー」と、驚く話があるので
後日また改めて記事にします

この日も、100種類以上あるビールは無視して
NZ産のワインを飲みながら
ここの名物である長〜いソーセージとNZ産のチーズを
つまみながら語らっていると・・・

DSC07119DSC07120







コンサルタントさんが「スカイタワーは行った?」と、提案して下さって
徒歩にて移動圏内のタワーへと向かい
わたくしも久しぶりに上ってきました

DSC07125今現在は、夏なので
日没時間が遅いこともあって
ちょうどタワーより日が暮れる瞬間に立ち会えました・・・
お月様も綺麗です

DSC07128






DSC07140お二人が、ずっとある1点を眺めているので
「何があるんだ?」と、思いきや・・・





DSC07132DSC07141







プリンセス・ワーフより出航しようとしている
豪華客船を眺めていたのです・・・ヨーロピアンは、船が大好きですもんね

BlogPaint夏期、快晴だった日は
日が暮れる時間帯に
スカイタワーを訪れ
最上階の「Sky Deck」まで上ることを
お勧めします


DSC07142その後、コンサルタントさんが
「若菜、Depotへ行こうか?」と、再びナイスな提案をして下さり
一応「オイスター・バー」として名が通って
大人気店へお邪魔して参りました




実は、わたくし・・・ナゼに、ここが大人気なのか全く分かりません
「オイスター・バー」とタイトルが付いているものの
この日も1種類(Tio Point) の牡蠣しかないし

DSC07144DSC07150






DSC07149ポーションは小さくて高いし






BlogPaintテーブルと椅子も決して心地良いとは言えないし






DSC07146何回お邪魔しても、その謎は解けず仕舞いですが
本日もまた大盛況な「Depot Eatery」でございました
しかも、お隣に
All Blacksの元・選手だった方も、いらっしゃいました




こうして、食べ過ぎな夜は
更けていくのでした



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 12:58|PermalinkComments(0)

沖縄からのお客様!その2(シーフード三昧)

起業&投資家(イギリス人)が
伴っている秘書(日本人)は、約10年前にNZにてワーキングホリデー経験があり
その当時、わたくしが経営していた飲食店にて
アルバイトをして下さった方なので、未だに土地勘は残っている様だったので
午前中は彼女に任せて、再びランチ時に合流した場所は
かつて彼女が勤務していた今は無き「山水 Japanese Cuisine」
今現在は、居酒屋「Kintaro on Fuji(富士の金太郎)」が、営業しているレストランです

話は逸れますが、金太郎といえば・・・先日の日本出張時に
ここの店長さんが年末に一時帰国(帰福)されていたので
福岡県久留米市にある居酒屋「富士の金太郎」にて待ち合わせをして
わたくしの知人からの紹介にて、NZにて働きたいという青年を面接して頂いたのでした

DSC06635DSC06637DSC06638







この時は、お食事はしておりませんが
メニューだけ拝見してビックリ・・・激安
さすが、卸業も営んでいるだけあります

その数日後に
居酒屋「富士の金太郎」など業態の異なる飲食店を多店舗展開しながら
魚や肉などの卸業も経営している社長さんとお会いして

DSC06642最近オープンしたばかりの新店舗である
やきとり「ダルム屋」へお邪魔しました・・・

← これは、突き出し

DSC06643わたくしが感動した
下ごしらえに手間隙かけた
「極上ダルム」





DSC06644大変珍しい
「銀ダラのお刺身」






以前も記事にしましたが
「ダルム」とは「豚のホルモン」のこと・・・この呼び名が通用するのは
福岡県の久留米市民だけで
その理由は、久留米市は別名「医療のまち」とも言われており
医師数、病床数が共に国内トップクラスらしく
医大生達が、焼き鳥屋さんにて
腸を医学用語(ドイツ語)にて「ダルム」と呼んだのが始まりだとか・・・
なので、福岡市内へ行けば「ダルム」は「シロ」と呼び名が変わるそうです

話をNZへ戻し・・・
本日は、居酒屋「Kintaro on Fuji(富士の金太郎)」の個室にて
2013年末までNZ最大の水産会社の社長を務め
2014年より世界中に顧客を持つ水産業に特化したコンサルタント(キウイ)
とのランチ・ミーティングが行なわれました

その際に、事前オーダーしたお食事は
マフランギ湾の生牡蠣
スキャンピーを含むNZ近海にて採れた鮮魚のお刺身
握り寿司の盛り合わせ

ミーティングに集中しており、お写真を撮り忘れましたが
全員が「贅沢過ぎるランチだ」と、喜んで頂けた程です

イギリス人さんとコンサルタントさんは
すっかり意気投合して、急遽、今宵もご一緒することが決まったので
それまで、お天気が良かったこともあって
約10年前のオークランドしか知らない秘書さんへ
すっかり都会化したCITY内を観てもらうことに・・・

DSC07108IMG_0655BlogPaint







そんな中、突然、イギリス人さんが
「俺、昔ラグビーやってて今でも大好きなんだよ
と、ラグビー専門店へ寄りたいとのこと・・・喜んで

そこで、わたくしも物色していると
新商品のピンク色した「All Black Bear」を発見

DSC07113邪道でも女子にはピンクは大変魅力的で
秘書さんと一緒にお買い上げ

ついでに、カラフルな「Uglies」シリーズの
「Canterbury」パーカーも・・・



女性ラグビーファンの為にも
グッズの売上増加の為にも
応援グッズのピンク化は、効果アリだと思います・・・現に
野球観戦へ行くと、ついつい

7ee125d4← こんなの買っちゃうもん

後日談ですが
イギリス人さんの買い忘れがあって
再度、同じラグビー専門店へ行くと
販売員さんが覚えていらっしゃって


「あの日、あなた達が買ったピンク色のAll Black Bearは
 その日の内に、店頭にあった分は完売しちゃったのよ!」

ほらね

ちなみに、わたくし
アテンド中も、しっかり日本ラグビーの為に!福岡市の為に!
署名活動を行なっており
数ある法人の代表であるイギリス人さんからも
「うちの全グループ企業を上げて署名するよ」と、言って頂いた上に
「福岡にも提携先の企業がいくつかあるから、そこにもメール流しとくよ」と
協力して頂けました・・・本当に有り難いことです



続く・・・



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです

wakananz at 10:23|PermalinkComments(0)

February 01, 2015

沖縄からのお客様!その1(KUMEU地域ワイナリー巡り)

先日の日本出張時に訪れた沖縄にて
初対面した起業&投資家(イギリス人)が
秘書(日本人)を伴って
NZへお越しになられたので
1日〜6日まで、アテンドしておりました

今回の目的は、NZ産のワイン・シーフード・その他の買い付けとして
初のNZを、ゆっくり観光も含めて視察したいとのことだったので
これより数回に分けて渡航する事を前提に
今回は、第1回目として
オークランドのみ

初日は、CITYより車を約30分も走らせれば到着する
「KUMEU」地域のワイナリー巡りへ・・・実は、わたくしも初めて
近過ぎて、いつでも行けると思って今に至ったパターンです

1軒目は「Soljans
唯一ここだけは
過去に、ランチにてお邪魔したことがありました

DSC07059DSC07058







2軒目は「Nobiro Wine Group

DSC07061DSC07062







3軒目は「Cooper Creak Vineyard

DSC07063DSC07065







4軒目は「Matua

DSC07068BlogPaintDSC07066







5軒目は「Twin Totara

DSC07070唯一、わたくしが購入したワイン・・・なぜなら
ここは、家族経営の本当に小さなワイナリー
だからこそ、お仕事が丁寧で
はっきり言って、ワインには疎いわたくしですら
「お!」と、思った「2019年 Cabernet Franc Merlot」


DSC07073BlogPaintDSC07071







6軒目は「West Brook

DSC07075DSC07077






DSC07078DSC07079







午前9時30分過ぎにCITYを出て来て
これだけのワイナリーを巡っても
ようやく午後12時になったくらい・・・ここ最近のオークランドは
暑過ぎる程に快晴続きだったのが
この日だけ小雨が降ったり止んだりで、お天気が悪かったせいか
客足が鈍っており、どこのワイナリーへ行っても空いていて
テイスティングできるワインが、場所によっては10種類もありましたが
各ワイナリーにて、ひとつ残さずテイスティングしながら説明を受け
輸出できる量の確認など、しっかり話し込みながらもスムーズに巡る事が出来たので
「今日は、お天気悪くて良かったね」な感想
しかも「KUMEU」地域のワイナリーは
テイスティング料金が無料だそうです

DSC070807軒目へ行く前に
ランチ休憩として、超久しぶりに
老舗レストラン「Settlers Lodge」へ・・・





1909年に建てられたLodgeは
レストラン、ウェディングパーティー、貸切パーティーにて利用されているのですが
現在、木曜日〜日曜日+祝祭日のみ営業なので
「KUMEU」地域に来るタイミングが合わないと
なかなか足を運ばないレストランなので、わたくしが最後に訪れたのも
このブログ記録によると、2008年のことでした

DSC07084DSC07081







歴史を感じさせる趣のある店内なので
日本在住歴が30年にもなるイギリス人さんは
「故郷のイギリスを想い出すよ・・・NZは、しっかりイギリス風情もあるんだ・・・
 益々、気に入った」と、ご機嫌でございました

DSC07083NZといえば・・・ラム料理を頂き
食後のデザートは、お写真は無いのですが
イギリス人さんがメニューを開いた瞬間
「やばい!アップル・クランブルがある!!」と、流暢な日本語にて
大興奮しながら「懐かしい・・・」と、感動されており
そこまで喜んで頂けると、ご案内する方としても
本当に嬉しい限りです

お腹もいっぱいになったところで
7軒目は「Kerr Farm Wine

DSC07094DSC07095






BlogPaintここは、一般住宅風なので
知人の家へ訪問したかの様に
お部屋へ通されて、着席してテイスティングするスタイルだったので
かなり新鮮でした・・・その上
可愛いワンちゃんまで「こんにちは」しに来てくれて
わたくし、ワインはそっちのけ状態に陥りました

DSC07089DSC07091







これにて、この日のワイナリー巡りは終了ですが
テイスティングだけとはいえ、酔っぱらいました

続く・・・



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 18:50|PermalinkComments(0)

July 02, 2013

素敵な老婦人達のNZ・北島ツアー!最後

前記事の続きです・・・

今年は、例年に比べると暖冬で
晴れの日も多いのですが、所詮は冬・・・お客様達がご滞在中は
「雨が降る日が少ないといいなぁ〜」と、願っていたら
少ないどころか、見事に1日も降られることがありませんでした

今回のお客様である老婦人達+豪華キャスト達とご一緒していると
全員がポジティブで明るい性格なせいか、常に心地良い雰囲気が生まれるので
物事が勝手にプラスの方へ動いてくれて
本来の目的であった、息子さんのご家族とも無事に初対面を果たし
長年のブランクも感じさせない程の親交が新たにスタートしたのです

写真 1944ロトルアでの最後の晩の事・・・
お食事中は、老婦人達がプライベートから政治まで
多岐に渡る話題にて、お話をして下さるのですが
その中で最も印象的だったのが
日本を出発する前に周囲よりNZ行きを止められたお話・・・


地元が田舎なせいもあって、周囲の方達が
「あなた、いくら息子さんから招待されたからって
そんな歳でNZへ行くなんて死に行くようなものよ!止めときなさい!!
どうせ、ろくな食べ物も無いんだろうから無事だったとしても
身体を壊して帰って来るのがオチよ。」と、散々言われて来たそう・・・なので
実は、死んでもいい覚悟でお越しになったとか
その背景には、唯一の心配だった息子と、その家族に会えるのであれば
それ以外は悔いの無い人生を歩んできたという気持ちがあり
73歳のご友人は、数年前に白血病を患い1度は覚悟を決めたから
今となっては怖いものは無いという気持ちが後押ししたのだとか

ところが!実際にNZへ到着して、日が経つにつれて
「食べ物は美味しいし、空気が良いからかしら?凄く元気になった気がするし
 とっても素晴らしい国じゃないの
 これは帰ってからミンナに反論しなくちゃだわ
 ここには孫もいるし、こんな世界があったなんて・・・
 まだまだ色んな物を見たくなったから、長生きしたい欲が出てきた。
 まだまだ、これから!これからよね!!」

たぶん彼女達のことだから、帰国したら英会話教室にでも通い出すかも

ここに文章では書き綴れ無い程
わたくしには、良き先輩として見習うべき方達でした・・・
久しぶりに「出会えて良かった」な方達と、ご一緒できて
「これぞNZで仕事をしていて最も価値があること」なのです



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 23:29|PermalinkComments(0)

素敵な老婦人達のNZ・北島ツアー!その2

前記事の続きです・・・

わたくしのツアコン時代、会社の慰安旅行や報奨旅行などで
まだまだ大型グループが海外旅行へ行っていたので
比例して、ツアコン仲間とも一緒に仕事をする機会が多々あって

BlogPaint今回、個人的に仕事を依頼した友人の
スーパーツアコンちゃんとも、若かりし頃は
お互いに協力しながら、一生懸命に仕事してきた仲




今回も、NZ(海外添乗)にて2人が揃うと
「なんか、あの頃を想い出すよね〜!」と、昔話に花が咲き
今でも鮮明に覚えているところ、結構大変なお仕事だったけど
結局は「遣り甲斐があって楽しかったよね」となる・・・だって、ツアコンというお仕事は
実際にやってみると分かるけど、どの職業にも通じる能力を自然に身に付けることができるので
今のわたくしがあるのは、いつも思うけど「ツアコンやってて本当に良かった

そんな我々、めちゃくちゃ久しぶりに仕事を一緒にしたのですが
コンビプレーは健在で、 いちいち指示し合わなくとも
お互いが役割分担を把握して実行するので
この日、心底実感したのは「仕事は能力がある方と一緒に出来る程、最幸なものは無い!」
もう、なんというか・・・そのスムーズさは、芸術作品かの様

写真 1890そんな久しぶりの感覚を、もっと味わっていたくて
なんだかんだ理由を付けて
わたくしも、ワイトモ&ロトルアへも同行することに・・・




そして、温泉の街・ロトルアでも
NZを再認識する出来事が・・・
10年間のNZ人生において、NZの人々が、いかにフレンドリーなのかは存じておりますが
動物達までもがフレンドリーだったとは
彼らの行動を目の当たりにするまで、気が付いておりませんでした

写真 1908羊の毛狩りショーを観れる「Agrodome」にて
ショーが始める前、舞台袖にて出番待ちの羊くんが
ひょっこり顔を出して、わたくしへ「こんにちは!」
猿じゃないから、調教なんかされていないはず・・・



写真 1904しばらくすると、誰かの視線を感じて顔を上げると
彼より、じっ〜と見つめられておりました





写真 1934はたまた、ショーが始まれば
また視線を感じて、よくよく見ると

写真 1936今度は、メリノ羊くんから見られてる






「ここの羊くん達は、一体なんなんだ?」と、思いながら
今度は自然動植物園「Rainbow Springs」へ向かうと
ここでも

写真 1916写真 1917写真 1912






目が合いまくり・・・

写真 1911特に、この子なんか
我々の後を追いかけては、顔をしっかり見つめて
必死に鳥語で話し掛けるのです・・・その場に居た日本人達が
その光景に、驚いたのなんのって
あまりにも可愛くて、ここでも非常に良い波動を受けて
全員、心が洗われておりました

それが、ここへ来て初めて知ったのですが
老婦人は、鳥が大好きらしく子供の様にはしゃぐ姿を見て
豪華キャストの面々も「嬉しいね・・・旅行の醍醐味だね

写真 1913鳥といえば、ついこの前(1500年代)まで
飛べない恐鳥・モアが生息していた程に
NZは、鳥にとって楽園




写真 1923同じく飛べない鳥として
国鳥である「キウイバード」は、こちらでも保護されており
園内に同設されている「Kiwi Encounter」では
生態を学ぶことが出来ます・・・

写真 1922






写真 1925これは「キウイバード」の剥製ですが
この身体サイズで、こんなに大きな卵を産むのです





なので、お産後は体力消耗が激しいが故
卵を温めて孵化させ、子育てをするのはオスの役目なのです・・・よって
結婚後、家事や育児を積極的に協力する性質のNZ人(愛称はキウイ)男性も
「キウイバード」にかけて「キウイ・ハズバンド」と呼ばれ
「世界一の夫」として知られています

ただ、老婦人達&スーパーツアコンちゃん
それに、わたくしも含めた女性全員が九州出身なので
たぶん「九州男児」の方が好みなのでしょうね・・・誰一人として
「そんな旦那様が欲し〜い!」とは、言いませんでした

続く・・・



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 22:52|PermalinkComments(0)

素敵な老婦人達のNZ・北島ツアー!その1

前記事でも冒頭にて触れておりましたが
6月25日〜30日まで、日本よりお客様がお越しになっておりました
実は、この手配・・・全て!を
日本とNZに網羅している(は、ちょっと言い過ぎかな)若菜コネクションを使って
完璧に仕上げた自信作なNZ・北島ツアーとなりました

というのも・・・わたくし、NZへ来る前までは
約6年間、日本国内&海外を飛びまわっていたツアーコンダクターだったので
その経歴を知っている友人で、某・日系企業の経営者さんが
「君の友人で、今でも現役のツアコンっている?」と、お尋ねがあり何事かと思いきや
日本在住のお母様(83歳)を、NZへ安心・安全に連れて来て頂きたい・・・との依頼だったのですが
よくよく聞けば、20年以上もほったらかしにして
彼の家族(奥様、子供達)にも、まだ会わせた事がないというご事情があったのです
元・ツアコンとして、彼が何を求めているのか直ぐに理解し
わたくし、この方には大変お世話になっていることもあり
自ら「私に全部任せて」と、この依頼を全面的に引き受けたのです。

まずは、ツアコンの手配・・・わたくしがツアコン時代に同期入社した方が
今でも現役バリバリのツアコンちゃん
そのキャリアは、約20年はある超ベテランさんなので
個人的に仕事を依頼すると、お忙しいのに即答で快諾

次は、現地ガイドの手配ですが
実は、わたくし・・・NZへ来た当初のワーホリ時代は
某・ガイド会社に雇って頂き、ガイドとして働いていた経歴があり
そのガイド会社の社長さんには、退社後も懇意にして頂き
わたくしのNZ人生において、ビジネスなど何かしらの転機がある度に
NZのお父さん的な感覚で、必ずご報告をする間柄・・・なので
今回の件も、彼の会社へ依頼すると・・・社長さん自ら「そのガイド、俺がやろうか?」

過去にお世話になった方達が、すんなり協力してくれて
スーパーキャリアな豪華キャストが勢揃い
そうなれば、わたくしは彼らが仕事がし易いように
完璧な工程を作成し、ノーミスな手配をするオペレーター化するのみです
その際には、ホテルや観光地の予約内容でも
これまた日頃お世話になっている各・施設の方達が、優遇や協力をして下さって
本当に助かりました・・・感謝感激です

ただ・・・今回のお客様は、高齢の83歳
若い方ですら初めて海外旅行にて長距離フライトは、しんどい思いをするので
ぶっちゃけ、現地での医療関係の連絡先も用意しており
急な手配変更も覚悟しておりました・・・ところが!
スーパーツアコンちゃんが、連れて来た老婦人は
どう見ても、60代にしか見えない程に元気ハツラツ
頭が良くて知識豊富だし、ポジティブだし、よく食べるし、よく笑うし・・・それに
全く英語は喋れないのに、誰彼構わずフレンドリーに話し掛けるのです
彼女に同行してお越しになった、ご友人も73歳なのですが
同様に、わたくし瞬時に彼らのファンになった程に明るくて性格が良いのです
実は、事前情報にて
昔は大変ご苦労をなさった方達と聞いていたので
勝手な想像にて「あまり心を開いてくれないかもな・・・」と、思っていたら
全く異なっており、上記の通り常にオープンだし何より
常に感謝をしてくれるのです・・・我々にとっては、もちろん最高の任務を果たすべく努力はしますが
それはプロにとっては「当たり前」だと思っているので
今回のご旅行期間中、豪華キャストの面々も
「こんなに素敵なお客様達と、ご一緒できて(お仕事できて)、こちらこそ感謝ですよ〜!」
「こんなにお客様よりお気遣い頂く仕事は日頃めったに無いから、次の仕事に行く気が無くなる・・・」
との感想が、常々わたくしの耳に入っておりました

そんな幸せスパイラルにて、大変雰囲気が良い中
予定通り工程が進んで行きました・・・お客様達にとっては、初NZだったので
基本的観光地を巡る内容にしており、もちろん、わたくしにとっては
久しぶりだけど、どこもお馴染みな場所・・・ところが!
総責任者として、ポイントポイントにて顔を出しながら
スーパーガイドさんの観光案内を一緒になって聞いていると
改めて「へー!」と、NZを再認識

写真 1880例えば「オークランド博物館」

わたくしが知っていることと言えば・・・




写真 1875写真 1876






このゼロ戦は、本物ですくらいだったのですが
2階の戦争記念博物館には、第二次世界大戦時の
日本には無い日本に関する貴重な資料が展示してあったり
1階の火山関連の展示場には、震度体験室があったり

写真 1873G階には、今は国鳥として保護されているので
大変珍しくて価値のある「キウイバード」の羽で作った
マオリ族の衣装(コート)もあったのですね




それと、人類初のエベレスト山に登頂した登山家の
エドモンド・ヒラリー卿の記念館が
いつの間にか、2階に存在していました

写真 1877写真 1878写真 1879






さすが!のスーパーガイドさん
実は、エドモンド・ヒラリー卿のご自宅へお邪魔したことがあり
実際にお会いしたことがあるとのこと
それはそれは、腰の低い人格者だったそうで
彼との素敵な想い出を誇らしげに話して下さいました

他にも見応えがある展示物が豊富な博物館ですが
これまた、知らない内にオークランド住民は入場料が無料になっていました
住所を証明できる物を持って、たまには博物館観賞などいかがですか?

続く・・・



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 20:17|PermalinkComments(0)

June 01, 2013

海外出店ブームに乗って視察旅行!その1

わたくしの地元・福岡では、飲食店を経営している友人が異常なまでに多く
以前より、彼らの間で海外出店ブームが起きている事も存知上げておりましたが
先月の日本出張時、その数が急激に増えており
特に「ラーメン屋さん」の勢いが凄いことに驚きました・・・
密かに、NZに「リトル福岡」の夢を持っているわたくしは
チャーンスと、ばかりに
彼らの中でも特に影響力を持っている経営者さん達に、
NZ出店に関する、とある好条件な案件をご相談させて頂くと
即答で「はい、視察へ行きましょう!」

とのことで
6月1日〜6日まで、ちゃちゃとお越しになり
「オークランド飲食業界・視察旅行!」と、題して
わたくし、フル・アテンドしておりました

彼らからのリクエストを元に、該当する
数多くのレストランへお邪魔させて頂いたので
写真がある分だけを記事にまとめて
これから数回に分けてUPしていく予定でございます

実は、今回お越しになった福岡の飲食店経営者さん達
NZは、お初・・・よって、まずは基本コースを車で巡った後
オークランドの街全体を頭に入れてもらう為に
高台より説明した方が分かり易いので・・・

写真 1730写真 1729






写真 1731久しぶりの「Mt.Victoria」に「スカイタワーの展望台」を活用

← こちらは「スカイタワー展望台」フロアーにある
  ガラス床からの眺め



わたくし自身も久しぶりな場所で、ご説明しながら
「10年前に比べると、本当に、この街は変化したよなぁ・・・」と、しみじみ感傷に浸りながら
初心に戻ったりしておりました



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 10:26|PermalinkComments(0)

February 13, 2013

送別会なホーム・パーティー!

先月末をもって、「山水Japanese Cuisine」を寿退社した
わたくしの最後の右腕となったホール・マネージャーちゃん
数日後に故郷である韓国へ帰国するのを知った
「山水Japanese Cuisine」のお得意様が、ご自宅にて
送別会を開いて下さいました

BlogPaint写真 1410






お仕事ができる方は、こうしてお客様からも愛されるのです

BlogPaintBlogPaintBlogPaint






わたくしまで、お招き頂いて
キウイ(1名)、韓国人(3名)、ポーランド人(1名)、ベルギー在住ポーランド人(1名)、日本人(1名)と
本日も多国籍な集いとなり、会話の中に時折
それぞれの国の文化、歴史、習慣が語られ、有意義な異文化交流にもなりました

写真 1421写真 1417











我々、ゲストが持ち寄る予定だったデザートを
わたくし代表で、ケーキ屋さん「The Gateau House」へ購入しに行くと
ちょうどバレンタイン・ウィークということで
ピンクの生クリーム・ケーキをハート型にてオーダーできました

甘さ控えめで見た目が可愛いなんて完璧
なにより、ラブラブな御二人に相応しい・・・
せっかくなので、便乗して
一足早く「Happy Valentine's day



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 18:28|PermalinkComments(0)

December 13, 2012

最後の大志事 in 山水Japanese Cuisine!

わたくしのビジネス売却によるDirector退任のご報告
どうしても、直接お会いする機会が持てない方々へは
大変失礼ながらも、メール・FB・ブログを利用して
お伝えさせて頂きましたが
本日は、今まで特別にお世話になった
お取引業者様、提携先企業様、そして元・従業員さん達などの
わたくしを「裏」で支えて下さった方々へ改めて退任のご挨拶と
新・経営者のご紹介を兼ねて「山水Japanese Cuisine」を貸切
ささやかながら「ご報告会」を開かせて頂きました・・・

BlogPaintお招きした30名様、病欠された1名様を除いて
師走のご多忙な時期にも関わらず、全員にお越し頂きました





現・従業員さん達が
「若菜さんの晴れ舞台なんですから、クレイフィッシュ(伊勢海老)の御造りも豪華に用意しますよ!」と
全10品のお料理と、焼酎をメインとしたドリンクにて
ゲストの皆様を、おもてなしして下さいました

BlogPaintBlogPaint






BlogPaint「ウェルカム・ドリンク」の、おつまみとして
「前菜の盛り合わせ」と「カナッペ寿司」を、お召し上がり頂いてから
わたくし、ご挨拶させて頂きました・・・




続いて、新・経営者の通称「ヒロ」が自己紹介を行いました。

そして「SANSUI Ltd.」の大株主による乾杯のご発声により
ご歓談が始まりました・・・この時間を利用して
ゲストの皆さん御一人御一人へ「ヒロ」を紹介して、お名刺交換させて頂きました。

BlogPaintゲスト同士でも会話に花が咲いて
楽しまれているところへ
ホール・マネージャーが、ワゴンに何かを乗せて運んできました・・・
ナ、ナント



写真 897食後のデザートだったのですが
「WE LOVE WAKANA」と、記載されているではありませんか

それに「Thank You」カードも・・・
日頃、涙腺が弱いわたくしですが
この日は「絶対に泣かない!」と決めていたので、なんとか我慢はできたものの
やばかったです

写真 895このケーキは
ヘッドシェフによる手作りとのことで・・・

写真 903






なんでも・・・マオリ語で「WAKA」は、カヌーの意味があるらしく
名前を囲むように「カヌー」が描かれ
その下には、大海原を意味する「波」が描かれ
わたくしが、これからカヌーに乗って大海原を更に突き進む様に
新たな船出を祝う意味の絵柄にしてくれたのです

写真 906その他にも、お店より
わたくしの大好きなピンクベースの花束を贈って頂き
ゲストの方々からも、お祝いの品を頂きました・・・
本当に感謝の気持ちでいっぱいです



写真 909そして、最後は
ヘッドシェフによる閉会の言葉と万歳で締め括り・・・





BlogPaint全員で記念撮影






新・経営者の「ヒロ」は、わたくしが大切にしていた事を全て引継ぐと言って下さっているので
安心して去ることが出来ます・・・去ると言っても、実務を離れるだけで
「山水Japanese Cuisine」に対する想いや気持ちは、一切去りません 変わりません

BlogPaintわたくしが雇った従業員さん達が
引き続き居る間は特に
これからも陰ながら見守り、応援していきます




新・経営者の「ヒロ」は、日本より移住されたばかりですが
だからこそ、世界でもハイ・レベルのホスピタリティーを受けることができる日本での感覚が
まだ鮮明に身に付いています。
これからの新生「山水Japanese Cuisine」には、わたくしも期待しており
お客さんとして来店するのが楽しみです

写真 922「今まで、ありがとうございました。」




・・・万歳



wakananz at 15:34|PermalinkComments(0)

February 27, 2012

世界は狭い!な出会い!!

写真 559先日おこなわれた日本の祭「JAPAN DAY」での事ですが
日本より、歌手「JAY'ED」も出演の為お越しになり
ステージを盛り上げていました




しかしながら、わたくしは大変失礼なことに存じ上げない方で
「JAPAN DAY」開催前に知人より
「日本からJAY'EDという有名な歌手が来てくれて
ファンの方達も遠路はるばる日本からステージを観に来るんだってよ!」との情報が入り
その時にウィキで調べて、初めて彼の存在を知ったのでした・・・なんでも
日本人とNZ人のハーフということでしたので
「NZに縁のある方だから出演って事になったのかなぁ〜?」と、漠然と思いながら
当日、彼の曲を聴いた時に「結構、好みなジャンルだわ
と、好印象ではあったのです。

それが・・・
まさかまさかの世界は狭いストーリーに繋がるなど
この時は全く予測もしておりませんでした

「JAPAN DAY」の翌日のこと・・・
その歌手「JAY'ED」=ジェイドさんと、彼のNZ知人(わたくしの友人)が
プライベートな時間を一緒に過ごしている所にバッタリ遭遇して
急遽、わたくしまでランチにジョインさせて下さったのです

話してみると、本当に気さくな優しい方で
公私にわたって色んなお話を聞かせて頂き
逆に彼から「日本はどこ出身なんですか?」と、尋ねられたので
「福岡です。」と、答えた瞬間に
ニコッとされ「福岡はイイ所ですよね〜!ライブでも、よく行きますよ!!」との話から
会話が福岡に関する事になり・・・ナント
わたくしの地元の友人で、歌手の「Cool M.B」と
彼も友達だということが判明
なんとまあ・・・世界は狭いのでしょう

実は・・・「JAPAN DAY」にてジェイドさんの曲を聴きながら
「もしも彼がNZに縁があるから呼ばれたのであれば
福岡市とオークランドは姉妹都市なんだから「Cool M.B」を呼んだっていいじゃん・・・」と
友人ビイキなわたくしは、ひとり心の中で思っていた程なので
ついついジェイドさんへ「じゃあ、来年はCool M.Bとコラボで歌いに来てよ〜」などと
ワガママなリクエストしてしまいました

BlogPaintなにはともあれ、友人の友人ということで急に親近感が沸いて
「福岡でライブがある時は絶対に行くし
日本へ帰ったらアルバムも全部買うからね!」と
お約束させて頂きました






人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 18:01|PermalinkComments(0)

September 15, 2011

現地NZ在住の日本人として出来る事を誇らしき勇者達へ!

何事でもそうですが
いつも傍に有ると、それが当たり前になり
その価値感が薄れていきます・・・
離れてみて、無くしてみて
改めて感じる、いや、初めて感じるものなのかもしれません
大切さ、貴重さ、便利さ、重要さ、愛しさ・・・そして、感謝。

わたくしがNZへ来て、心底思い知らされたのが
日本の良さ。日本人であることの誇り。
日本で生活している時は、そんな事を感じたこともありませんでした。
海外で生活してみて、初めて想うのです。それも、強く・・・

只今、NZではラグビーワールドカップ開催中です。
ラグビー大国にて日本代表が日の丸を背負って戦うプレッシャーは
我々には計り知れないものがあると思います。
そんな中、フランスとの第一戦は
誰もが「良い試合だった!」と言われる程、日本は健闘したにも関わらず負けた結果に
日本チームは「負けは、負け!それ以外は何も無し!!」と
強敵フランス相手に、得点差がワントライで逆転まで縮まった事など意味を持たない厳しい姿勢に
こちらまで気が引き締まりました。

そして、現地NZにある日系企業(日本食レストラン)としては
母国のラガーマン達の、そんな勇姿を見て
我々に出来る応援として
今後の試合の活力に、ほんのほんのほんの少しでも貢献できたら・・・と
和食の提供を申し出ました。
いくつかの御縁があり、弊社スタッフ一丸となった気持ちが伝えられ
実は先日、それが日本代表に受け入れられました。

弊社レストランお得意の「医食同源」を最大限に意識したメニュー内容にし、念の為にナマ物は一切無しで
選手32名分の夕食を大量に準備し、お召し上がり頂きました。
久しぶりの和食ということで喜んで頂けた様子で、我々も大変嬉しかったです。

しかも・・・お礼にと、これらを頂きました。

写真 332写真 333











写真 337しっかり店内に飾っております。

それに、弊社スタッフを入れて
記念撮影までして下さいました・・・お気遣いに感謝致します。


BlogPaint







9月1日に行われた日本代表歓迎式典にて、キャプテンからの
「同時期に地震による被災国となった日本とニュージーランド。
その両国に明るいニュースを届けて、感動と勇気を伝えるだけでなく
自分達が先頭に立って引っ張る姿を世界に向けて伝えていきたい・・・」と、いった内容のスピーチが
大変印象的でした。

だから、わたくしも
16日(金)に行われる「日本VSニュージーランド戦」は
チケットが取れたので、ハミルトンまで観戦に行き
しっかり応援してきます!



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 17:54|PermalinkComments(2)

April 28, 2011

日本から一時避難旅行!

日本の原発事故の影響で
ここ1ヶ月間で、東京から一時避難旅行として
オークランドでロングステイをしている親子5組にお会いする機会がありました。
わたくしは独身で行動範囲も仕事に関係する場所にしか出没しないにも関わらず
親子5組にも会う機会がある程なので
まだまだ多くの一時避難旅行者さんがオークランドにはいらっしゃるのかもしれませんね。

親子5 組の内、2 組はママ友同士ご一緒に
1ヶ月前にオークランドへお越しになったとのこと
どちらにも2歳のお子様がいらっしゃいます。
1ヶ月前といえば、見えない放射線に最も不安がっていた頃なので
偶然見つけたニュージーランド航空の7万円台の往復航空券に飛びついたそう
それに身内の方がオークランドに移住されていたこともあって
業者に依頼することなく、身内の方の案内で1ヶ月間楽しく過ごした様です・・・実は
その身内の方というのが、わたくしの友人なので
先日、お買物へご一緒させて頂いた時のこと・・・

BlogPaintホームセンターにて、2歳の息子君が
「あ トーマスのDVDだぁ」と
ママに買ってくれってせがんでいたので
わたくしが「買っても英語だから、つまんないでしょ」と、言うと
ママいわく「それが、そうでもなくて・・・
こっちの家でTVつけてアニメが始まると、英語でもずっ〜と見てるのよね。」

確かに言われてみれば、この1ヶ月間で身に付けたであろう英単語が会話に出てくる出てくる・・・
「ドア オープン プリーズ」とか言ってるのを聞いた日には
「さすが2歳児・・・吸収が早っ」と、驚きました

やはり以前から提案しているオークランドでのロングステイ
これからオフシーズンになるので航空券代も宿泊費も下がるはずだし
原発事故での不安材料(放射線や節電)が、まだ残っているのであれば
蒸暑い日本で過ごすよりも、これから冬になるけど
日本の冬みたいに寒くないオークランドにて
お子様の英語の勉強を兼ねた一時避難旅行・・・ロングステイがお勧め
と、今回の親子を見ながら感じました。

・・・パパ達は、可愛い子供の為に日本でお仕事頑張って下さい


人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです



wakananz at 11:14|PermalinkComments(0)

April 11, 2011

釣った魚でハウスウォーミングパーティー&お誕生日会!

本日は、弊社レストランのお得意様(キウイ)とのイベントデー
「魚釣り」と「ハウスウォーミングパーティー」と「お誕生日会」を
まとめて一度にやってしまう日なのです

まずは・・・

写真 030午前8時、ウエストヘブン・マリーナから船を出して「魚釣り」






小学生の頃は、よく魚釣りをした経験があるので嫌いじゃないのですが
釣り船に乗るのは大嫌いな、わたくし
「絶対船酔いして釣りにならないので、遠慮します」とは、言えないお得意様がゆえに
覚悟を決めて、酔い止め薬を飲んで挑みました

写真 031いってきま〜す

写真 033






出発して1時間ちょっと程度かけて到着したポイント

写真 035今回は、小型船をチャーターしたので
船長さんが、餌を付けてくれたり
リールの糸が絡まったら直してくれたり
お菓子やランチも沢山あって
至れり尽くせりで、極楽極楽


・・・と、楽しんでいたのも束の間
入れ食い状態ならまだしも、魚がかかるまでの待ち時間が
だんだん苦痛になってきて
酔い止め薬のお陰でマーライオン状態になることは無かったのですが
やはり体が、どことなく変で・・・ギブ

写真 036わたくしが横になって寝ている間に
鰺が20匹と、鯛が多々釣れた様子・・・だけど
← こんな小さな鯛は、28cm以下だとリリースしなければならないので
持ち帰れたのは、2匹だけだって




・・・ということは
この後のパーティーでの食材が充分に無いってことで
陸に上がってから、お魚屋さんへ直行お買物

いったん全員解散し、シャワーを浴びてドレスアップ
午後7時、お得意様邸へ再集合し「ハウスウォーミングパーティー」と「お誕生日会」の開始です

弊社レストランよりケータリングが入り
ヘッドシェフが、先程釣ったお魚で
お刺身やお寿司を造ります・・・その後で、お得意様の奥様もお肉料理を作って下さっていました

写真 012写真 016






写真 020写真 022






BlogPaint超贅沢なお食事に、一同ご満悦で
「ハウスウォーミングパーティー」と「お誕生日会」のお祝いだけでなく
最近、弊社スタッフが永住権を取得したので
そのお祝いも兼ねて下さったりと・・・本当に有難いです




今日も笑顔溢れる良い1日を過ごせた事に感謝し
また明日から頑張るぞ



wakananz at 16:57|PermalinkComments(0)

March 31, 2011

最高の旅行(ロングステイ)シーズン!

日本が絡む今後のビジネスにおいて、今は先読みしながら
対策を練ったり、逆に仕掛けたりする事があると思うので
ピンチはチャンス!として
あれこれかれこれ考える1週間だったので
ブログを書く気にならず、放置しておりました・・・すみません


先日、ネットニュースで
「H.I.Sが被災者支援として、トルコへの旅30日間を5万円(サーチャージ込み)で提供した。」
との記事を見て「お!今の現状を全て上手くまとめた企画だな・・・」
と、感心しました

以前から言っていたのですが
相変わらずな日常生活を送れる方達は
この今だからこそ!心を鬼にして、発想を感情的ではなく論理的に変え
結果、世の為・人の為になる事だと思えるのであれば
パッと見、誤解を生むような娯楽でも普段通りやって
とにかく経済をグルグルグルグル回すべきだと思うのです
じゃないと「他人の目が気になる・・・」なんて、ちんたらしてたら
全員が沈みかねない

・・・そんな危機感が、海外に居てもヒシヒシ感じられる今日この頃。
わたくしが住んでいるオークランドは
朝晩は、長袖が必要になってきて
秋の気配を感じます
NZを訪れる際は、夏が最高の旅行シーズンですが
それでも今の東日本の現状を思えば
現在も、最高の旅行(ロングステイ)シーズンかと思います。

NZには、原発は無いし
特にオークランドは、総人口の1/3が集中している商業都市で
何の不自由も無く基本生活を送れる街
飲食料は、充分にあるし
ちょっと前にクライストチャーチでは地震が起きましたが
同じNZ国内であろうとも、そこから約1000km離れているオークランドには
地震の活断層が存在しないとか地盤が固いとか聞くので、安心してて良さそう。
そもそも、(結構)慎重派なわたくしが住んでいる場所なので
とても良い環境だと自信を持ってお勧めします・・・是非、お越し下さい



wakananz at 19:13|PermalinkComments(0)

January 29, 2011

素敵な報告!

世間は3連休となる今週末
弊社レストランは、日曜と祝祭日はお休みを頂いているのですが
土曜日は、ディナーのみ通常営業・・・なのに!
今夜(土曜日)は、お初に
店長兼ヘッドシェフが、特別休暇を取ることになったので
その代理を、女性シェフが務めることになりました

写真 014本人は、かなり緊張していましたが
寿司シェフが、女性というのも
なかなか絵になってイイものですね




わたくしの心配をよそに大役をしっかり果たした彼女ですが
念の為に今夜は様子を見がてら、わたくしも弊社レストランに張り付いていると
思いも寄らず、素敵な報告が舞い込んできたのです

弊社の全女性スタッフが、わたくしに興奮気味に話した
素敵な報告とは、昨晩の出来事・・・
とあるキウイ(男性)&日本人(女性)カップルのお客様が、オーダーの際に
「今夜は、私(女性)の誕生日なので、オーダーを任されているのですが・・・」と
お酒やお料理の選択を迷っている会話から情報を得たホールスタッフが、キッチンへ伝達して
ささやかながら、お誕生日サービスを用意して
弊社からもお祝いさせて頂いたとのこと・・・そこまでは、よくある話で
「うん、うん」と、聞いておりました
・・・それから
お食事を終えた御2人は、お帰りになったかと思いきや
1階の出入口付近で立ち話をされており、しばらくして突然
2階のフロアに再度上がってこられたのこと・・・「なんで?何か問題でもあったの??」と
わたくしが怪訝そうな顔をして聞くと
全く予想もしていなかった正反対な答え・・・

「ミンナで造った、うちのミニ庭園
 プロポーズが行われたんですよ

驚いて、よくよく聞くと・・・
キウイの男性が、彼女のお誕生日に合わせて
日本ちっくな場所でプロポーズしたかったんですって
しかも、祖母の代から受継がれてきた婚約指輪を贈られた日本人の女性は
めちゃくちゃ感動して、その喜びを今すぐ誰かに伝えたくて
つい2階のフロアへ戻ってきて
弊社スタッフ全員に報告してくれたんですって

そんな素敵な報告を受けたわたくしまで
ウルトラ・スーパー・スペシャルに幸せな気分になりました
そして、幸せいっぱいな御2人と弊社スタッフ全員が
一緒に撮った写真を見せてもらって
更に!ウルトラ・スーパー・スペシャルに幸せな気分になりました

過去の記事「山水のエントランスが変わります!が完成!! 」にて
そのプロポーズ現場となったミニ庭園が、ご覧頂けますが
記事内にも記載していた通り
「スタッフ全員で楽しく飾り付けした様子なので
 お客様を出迎えるエントランスに、その「気」も加わっていることでしょう
が、現実になった気がしてなりません

・・・ということで、その幸せをお裾分けして頂くべく
明日から、良縁のパワースポットとして
独身のわたくしは、毎日拝むとします



wakananz at 13:47|PermalinkComments(0)

December 24, 2010

急遽「クリスマスイブ!」の続き・・・

ついさっき、嬉しい出来事があったので
出発前に、再びPCの前に座り
ブログをアップすることにしました・・・


オーストラリアのパース行きフライトが早朝な為に
タクシーのお迎えが、25日になったばかりの深夜3:30だし
NZのクリスマスイブは、日本とは全く雰囲気が異なり静かなので
何も予定を入れず、旅行の荷造りをしていた午後6時に
山水でこれから食事をするという常連のお客様達から御連絡を頂き
急遽、出掛ける事に・・・

本日にて、山水Japanese Cuisineの仕事納めということもあって
ランチで顔を出していたものの
呼んで頂けるとなると、ホイホイ出掛ける性分な上に
「御挨拶だけ・・・」と、遠慮気味に行ったはずなのに
ちゃっかりジョインまでしちゃう性分

なんだかんだで、閉店間際まで居ると
ラストのお客様(キウイ)が、わたくしに・・・・
「若菜さん、もう僕達が最後の客なので
 スタッフ全員に好きなドリンクを聞いて、それを出してあげて下さい。」

せっかくのお心遣いを有難く頂戴して
スタッフ全員で、ちゃんとお礼を言いにホールに出て
御一緒に乾杯する様に伝えると
わざわざ、お客様達まで起立され
ナント!お客様の方から「いつも本当にありがとう!」と・・・
飲食業に携わっている者にとって心の底から嬉しい内容のスピーチを頂いたのです
わたくし、スタッフ全員の顔を見ながら・・・その光景に
密かに感動していました

細々とやっている小さな小さなレストランなのに
ファンがいると知った瞬間は
山水のスタッフ全員に対して「彼らは凄いな・・・」と、改めて見なおします
ビジネスで利益を出すことは社会的に必要な事で、それが出来ていれば立派だと思います・・・が
その為には、まず先に
お客様から愛されていなければ尊敬に価しないと、わたくしは思います。
過去に初めて経営に着手し現場に出ていた頃に、尊敬する先輩から
「お客様の事を想って、ちゃんとやっていれば
 利益は後から勝手に付いてくるものだから心配するな。自信持ってやれ!」
と、励まして頂いたことがあるのですが
今でもずっと心に残っている言葉です。

BlogPaint


お客様から御連絡を頂き出掛けた先で
素敵な場面に立ち会う事ができ・・・今夜の出来事は
山水からクリスマスプレゼントを貰った気分です


感謝!感謝!!感謝!!!な気持ちでいっぱいです



wakananz at 20:21|PermalinkComments(4)

June 07, 2010

日本でニュージーランドを見よう!

2ヶ月程前に、オークランドで
女優の藤原紀香さんとお会いできた理由・・・

今週の日曜日(6月13日)夜10時から放送される
となりのマエストロ」という番組を見て頂ければ分かりますが
番組内で取り上げられる今度のテーマが「お野菜と果物のマエストロ」ということで
NZへ取材・撮影にお越しになられていたのです

たまたまスポンサー側が、わたくしの知人だったので
オークランド滞在中は、お食事等の手配などのお手伝いをしていたら
予定外に、ご一緒させて頂く機会に恵まれたというワケなのです

わたくしも、美容と健康の為に
声を大にしてお勧めしているフルーツが登場するみたいなので
絶対に見なくちゃ




wakananz at 23:36|PermalinkComments(0)

April 10, 2010

お祝い事が続いた日々!

木・金・土と何かとお祝い続きだった日々

まずは、木曜日
とある方が、長年続けてきたビジネスを売却成功
そして引退したお祝いに
かつて、その方の元で働いたことがある方々やお世話になった方々が
ご自宅にご招待されて、しゃぶしゃぶパーティー
山水Japanese Cuisineからも、前菜の盛り合わせとお寿司の盛り合わせを
持ち寄らせて頂きました
想い出話に花が咲いて、あまりにも楽しくて
その時の様子を写真に撮るの忘れていました・・・ごめんちゃい


そして、金曜日
NZ最大の水産会社の社長のお誕生日会が
山水Japanese Cuisineにて行われました

BlogPaint社長夫妻とプライベートで仲が良い方達が
お招きされた様なので
少人数でアットホームな雰囲気
わたくしも現場を仕切りながらも、ゲストとしてもお招き頂いていたので
ヘッドシェフには、かなり頑張って頂きました


Eまずスタートに、お刺身ロールの盛り合わせ
実は、これ・・・主役の名前が書かれているのです
ちょうどアボカド部分が文字となるのですが
この写真からは分かりませんが、
ある角度から見ると、くっきりと浮かび上がって見える工夫が施されています


Cこちらは、お刺身の盛り合わせなのですが
本日ご出席できなかった方からのプレゼントだったので
華やかに見せる為にも、氷の器に工夫が施されています




室内を暗くすると、氷の中に埋め込まれているライトが
伊勢海老や、その他のお刺身をブルーの光で照らします。
海をイメージしたのでしょうか・・・素敵です

C2氷の器には、バラの花も埋め込まれているので
プレゼントという名目にぴったりでした





B大量のブラフオイスター 同じ量で、もう一皿ありました

実は、これ・・・本日の主役が自らお持ちになられたもので
もちろん、彼の会社のブラフ支店から
獲れたてホヤホヤが空輸で運ばれてきたので、それはそれは新鮮


わたくし今年は、ブラフオイスターに恵まれまくっています

この時点で皆様、充分満足させていたご様子なのですが
ここまでが、前菜みたいなもので・・・
これから、先日お知らせした「マオリハーブコース」が始まるのです

だ・け・ど

実際、コースまで食べ終わってみると
あんなに食べたのに、お腹に妙な重たさを感じない・・・
さすが美容と健康の為に計算されているだけあるわ

そして、最後に・・・

写真 367こちらは、ヘッドシェフ作のお誕生日ケーキ
実は、これ・・・豆腐とチョコレートのムースケーキなんですよ





本日のゲストの半数が女性で
皆様、常日頃から美容と健康そしてダイエットにご興味があってか
容姿端麗な方ばかりでしたので
このケーキに、豆腐が入っていてローカロリーだと知って
「豆腐の存在に全然気が付かない どうやって作るんですか」と
それはそれは喜んで頂けました
奥様が喜べば、旦那様も嬉しいので
今回のメニュー、ゲスト全員から大絶賛で
特に何もしていないわたくしまで
何度も何度も感謝されました・・・が、こちらこそ
ありがとうございました


最後は、土曜日
山水Japanese Cuisineのお隣にオープンしたばかりのカフェから
オープン祝いのパーティーにご招待されました・・・が
土曜日だっていうのに、雑務があったので
ちょっと顔を出すだけ・・・というか、未だにオーナーさんと名刺交換をしていないので
ご挨拶だけして帰ろうと思って、出掛けて行ったのに・・・また会えず
こんなに縁がないのも珍しいな


そんな3連チャンなお祝い事・・・各主役の皆様、心よりお祝い申し上げます
おめでとうございます



wakananz at 12:51|PermalinkComments(0)

March 06, 2010

共に学び、共に成長し、共に勝つ!

今回の出張では、飲食業界の経営者さん達とお会いする機会がありました。
その中でも「居酒屋甲子園」にエントリーされている経営者さん達は
勉強熱心で熱い
今回は、海外進出をお考えの方達ばかりだったので
わたくしが一方的にお話させて頂く形になりましたが
内心「こっちが話を聞きたいなぁ・・・」なんて思っておりました

ところで「居酒屋甲子園」とは何か?わたくしは全く知らなかったのですが
“居酒屋から日本を元気にしたい”という想いを持つ全国の同志により開催された
外食業界に働く人が最高に輝ける場を提供する大会・・・とのことです。
こちらを見ると・・・

理念「共に学び、共に成長し、共に勝つ」
目的「居酒屋から日本を元気にする」

料理を作るのも「人」サービスを行うのも「人」
生産者、お客様、全て関わり合うのは「人」だと感じます。
外食で働いている「人」が誇りを持ち、夢を持ち、いきいきと輝いている状態をつくれば、
お客様に元気を与えることができ、そしてお客様が輝き、日本を元気にしていく。
その為には、まず、この業界からできることは、
外食で働く人が誇りと夢を持ちキラキラ輝くこととしてこの目的にしています。

とのこと

長いこと離れている飲食店での現場・・・山水Japanese Cuisine&Barにて
女将(経営者)として現場で奮闘している頃は
わたくしもお客様への想い・・・持っていたなと、当時の感覚を思い出した。
今となっては、違う業種の方に力を入れているのだけど
どの事業をやっていても、お客様への想いは同じ
ただ、色んなビジネスをしているがゆえに気づいたことは
飲食業程、お客様を身近に感じるものはないと思うのです。

だから
まず出来ることから、何かを変えたいのであれば
自分が変わる事だと思うのです。
そんなきっかけを作ってくれる飲食業界のイベントが行われているのを知って
やっぱ凄いわ・・・日本人と、改めて誇りに思いました。



wakananz at 11:54|PermalinkComments(0)

December 21, 2009

ロケーション天国なNZ!

わたくしの日本到着と同時に、寒波も到来したので
めちゃくちゃ寒い日が2〜3日続いていましたが
今週は、打って変わって
日中はポカポカ さほど寒くなくなりました

良かった・・・だって、今週から年内いっぱいは
西から東へ、ちょろちょろ動きまくる日々なんですもの

そんな中
友人の友人で、わたくしも以前から知り合いの
某有名芸能人さんと
2、3年ぶりに再会しました

BlogPaintわたくしが中学生の頃に
スーパーアイドルグループの一員として、大ブレイクし
脱退後は、俳優さん
芸能プロダクションの社長でもあるので
近年は、映画製作にも携わっているとのこと







・・・映画といえば
NZはロケーション天国

近年、NZで撮影される映画が増えてきた背景には
氷河、サザンアルプス、森林、富士山に似た山、綺麗な海
といったダイナミックな自然、多彩な景色がコンパクトにまとまっているので
山から海へ、シーンに合わせて移動も楽なんですって
それに、北半球の国々とは季節が逆なのも都合が良く
ロケ地として人気がある様なのです

彼もまた、ロケ地としてNZに興味を持っている方なので
色々と聞きたいことがあった様子

「ラスト サムライ」「どろろ」に続く作品が実現することを
影ながら応援したいと思います



wakananz at 00:07|PermalinkComments(0)

December 14, 2009

おさかな忘年会?!

本日は、ダブル忘年会

長身3人組での忘年会ランチの後
ひと仕事こなして
今夜は、NZ最大の水産会社の社長ご夫妻との忘年会

会食場は、弊社レストラン「山水 Japanese Cuisine
わたくしなりのホスピタリティーを持って
メニューとゲスト人選を、仕切らせて頂きました

前日に、社長の好きなPinot Grisワインが充分あるのか確認
お料理の事前手配・・・社長ご夫妻の好きなお料理は頭に入っているので
今夜は魚尽くしです
でも、ちょっとワンポイントで餃子も入れちゃいました
・・・とにかく、リラックス&エンジョイしてもらいたい想いを込めました。

そこに必要だったのが、弊社スタッフのCさん
社長の愛する御魚について知識豊富に会話できるし
ちょっと前から弊社レストランのキッチンスタッフに加わってからというもの
メキメキ力を付けていき・・・わたくしも驚いた

山水山水自家製「お漬物の盛り合わせ」

彼女が色んなお野菜を漬けて、こんなに綺麗に盛り付けるんです
←カボチャのお漬物もあるんですよ



山水2ヘッドシェフ作の前菜プレートから始まったお食事・・・
どれもこれも喜んで頂けて、わたくしも嬉しいです

写真を撮るのを忘れてしまいましたが
メインは「ホワイトワレフーの西京焼き」


お食事後は、某カラオケ・バーへ移動
社長の奥様が韓国人なので
わたくし今夜は、韓国の歌で盛り上げます
実は、4曲程度なら歌えるんです ・・・久しぶりに歌ったので、ちょっと忘れている箇所もありましたが・・・
そして、弊社スタッフのCさんは、中国の歌で盛り上げます
彼女はネイティブ並に中国語が喋れるんです・・・本当に引き出しの多い方ですわ

・・・すると、社長が「今度は、日本の漁師の歌を歌って下さい。」とリクエスト
2人で考えた挙句・・・ちょっと違うが「おさかな天国」歌っとけ〜
大変お気に召された様なので、今度の日本出張時にCD仕入れてプレゼントする予定


こちらも、また新年会しなくちゃ



wakananz at 19:20|PermalinkComments(0)

November 09, 2009

ようこそ!

NZに居る時は、仕事以外は特にすることがないので
週の始まりは「働くぞ」と、やる気マンマン
なのに、またお天気悪いし・・・
今週は、晴れてもらいたい なぜなら
今朝、わたくしの地元からビジネス視察の方々が到着したのです

日本とアメリカでは、既に200店舗以上のフランチャイズチェーン展開をしている
某リフォーム会社の世界進出計画の1部として
オセアニアも視野に入れられて、まずはNZへお越しになられました

業務内容を聞いていると
「そんなサービスがあると便利です!」と、嬉しくなっちゃいました
まだまだ「アフターサービス」が充実していないNZには
需要が満載な気がします。
しかも、日本の技術(機械)が導入されるとなると
またNZに誇れちゃう

6b99ceb6.jpgそして「リトル福岡」の妄想が膨らむのでした・・・



wakananz at 11:25|PermalinkComments(0)

November 01, 2009

オークランドマラソン!

本日は、オークランドマラソン開催日!

マラソン2マラソン3






わたくしの自宅前も、コースになっていたので
応援しながらゴール付近へ向かう

マラソンゴールで参加ランナーを出迎える人々

有名な方がゴールすると、名前が読み上げられていました




我らが長谷川理恵ちゃんも完走
さすがに早かったです

これからオークランドマラソンの知名度を上げる為に
NZ政府観光局が動き出したので
今年からNZにある日系旅行会社が全社協力して専用ツアーを企画・販売していました。
そこでゴールになるビクトリアパークには
こんなテントもご用意されていました

BlogPaintBlogPaint






日本テント
日本から各旅行会社を通じてマラソンツアーに参加したランナー用です。

ここでは、ゴール後のリフレッシュサービスとして
温かい豚汁をはじめ・・・カットフルーツ、おにぎり、ミネラルウォーターが振舞われていました

また、有料ですがマッサージコーナーもありましたよ

万全の気配り態勢だったオークランドマラソンツアー
日本の皆様、来年は是非是非
観光も含めて参加してみてはいかがでしょうか



wakananz at 13:04|PermalinkComments(0)

October 31, 2009

オークランドマラソン前夜祭!

年に6往復はしているNZと日本
なのに今回は時差ボケを通り過ぎて
珍しく、体内時計が狂っています

めちゃくちゃしんどい中
今週末は、オークランドマラソンに便乗して
有名モデルの長谷川理恵ちゃんへ
NZのお土産として、弊社Holistic NEW ZEALAND製品をプレゼントする為に
頑張りました
 

まずは、NZの友人達を誘って
オークランドマラソン前夜祭へお邪魔してきました

BlogPaint理恵ちゃんと一緒に記念撮影

実は、理恵ちゃんを含めた全員が同世代
理恵ちゃんがCanCamモデル時代をリアルタイムで知っているので
アラサー(アラフォーに片足突っ込みそう・・・)なわたくし達からすると
理恵ちゃんに会えるということは、それはそれは大感激な事なのです


今回、理恵ちゃん関係者のお食事の件にて
弊社山水Japanese Cuisineの出番があったので
それがきっかけで、理恵ちゃんご本人へ直接Holistic NEW ZEALAND製品を手渡しできました
それと、友人のノリさんに頼まれて
彼女の本「ニュージーランドちわわん生活」もプレゼントしたら
早速、読んでくださったみたいで、理恵ちゃんのブログで紹介されていましたよ
犬好きさんみたいなので喜ぶだろうな〜と、思った通りで良かったです

Holistic NEW ZEALAND製品も、本当に本当に良いものなので
マラソン走った後とか
日頃の美容と健康の為に、毎日使って頂けると嬉しいなぁ・・・



wakananz at 11:34|PermalinkComments(0)

September 19, 2009

NZ産キウイフルーツの歌!

bb85d5db.jpgキウイフルーツダイエット」をきっかけに
毎朝2、3個ぺロリとキウイフルーツを食べる癖が付いちゃったので
自宅には、常に山積みです




今朝もキウイフルーツ食べながら、ふと思い出した・・・あの曲
「そろそろリリースでは
と、思って覗いてみた元モーニング娘の辻希美ちゃんのブログ

ビンゴ

ゼスプリくん弊社レストランのお得意様である
NZ産キウイフルーツで有名な会社「ゼスプリ」の新CM
既に16日からOAされていました

←こちらは、ゼスプリキャラクターの「ゼスプリくん」




それが今回の新CMでは、辻ちゃんがCMソングを担当
しかも、オーバー30には懐かしい
80年代の名曲「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね」をリニューアルした
「ぼくたち、ゼスプリキウイだね。」を歌っているのです

実は、この曲
まだリリースされる数ヶ月前に
ゼスプリ関係者の方達と試聴する機会があり
「すっごくイイ」と、わたくしのお気に入りソングになったので
リリースが待ち遠しかったのです
NZにお住まいの皆さんもココから新CM見れて曲も聴けますよ

テンポよくノリノリで元気をもらえる曲
だけど・・・1度聴くと、しばらく頭から離れません



wakananz at 14:58|PermalinkComments(2)