レストラン(ヨーロピアン)

February 19, 2015

明日からの日本出張前に・・・!

明日より再び冬へ逆戻りする日本(福岡)出張なので
わたくしにとって今年の夏は本当に短く
最後の最後まで、しっかり満喫しておこうと
お天気が良かった本日は、再びプリンセス・ワーフにある
The Crab Shack」へ・・・

DSC07423BlogPaint






DSC07420ここの店内は、開放感があって
ついつい軽く1杯しに行きたくなります





DSC07422今回のオーダーは「Big Auckland」という名の
「フィッシュ・バーガー」です

NZでは、珍しいバーガーですが
美味しかったです



まだ、お外は明るかったので
「もう1杯して行く?」との話になり
SKY CITYの脇にあるスパニッシュ・タパス バー「Bellotta」へ移動

BlogPaintオープンした当時に
何度かお邪魔した以来だったので
久しぶりに来てみると、道路が改装されており
テラス席が増えておりました

BlogPaint







こちらへお邪魔する前に、SKY CITYの前を通ると

DSC07426ホテル内にて
「チャイニーズ・ニューイヤー」の
イベントが開催されていたので
寄り道したお陰で



BlogPaintこの方達より
お年玉を頂いちゃいました






DSC07437それを飲みながら
開封してみると・・・





DSC07431DSC07432







チョコレートのコインが入っておりました

今月末は「ランタン・フェスティバル」も開催されるので
本当に名残惜しいオークランドの夏・・・

ぐちゃぐちゃな四季にも負けない
頑丈な身体に感謝して、いってきま〜す



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 20:31|PermalinkComments(0)

February 05, 2015

沖縄からのお客様!その5(Hobbiton)

イギリス人さんの行動&決断の早さで
今回の商談は、ほぼ全て
昨日にて完了してしまったので
本日は、フリー
とはいっても、せっかくNZまでお越しになられたので
「どこか行きたい所があれば、ご案内しますよ」と、お伝えすると
開口一番「Hobbiton(ホビット村)へ行きたい

・・・との回答に意表をつかれて、秘書(日本人)さんの方を向いて
「えっ」と、驚いてしまいました
秘書(日本人)さんいわく
「ボスは、ピーターパンなので・・・

そういえば・・・過去にも
バリバリのやり手経営者(日本人)さんより
「Hobbiton(ホビット村)へは、どうやったら行けるんですか?」と
尋ねられて「何でまた、そんなとこに行きたいんですか?」と
尋ね返すと「あの小さな家を店舗内の個室設計の参考にしたいんですよね・・・」
と言われたことを想い出し、とりあえず納得

念の為に、ご本人へ理由を尋ねてみると
「ロード・オブ・ザ・リング」の原作「指輪物語」は
 イギリス人にとって、誰もが幼き頃に読む本でさ
 それが映画化されると聞いた時、そんな偉大な本に
 よくチャレンジするな・・・と、思って見たけど
 映画も良かったんだよね。俺なんか全作見たから
 NZへ行くなら、絶対に、ホビット村のロケセット見学は外せないと思ってたんだよね。」

なるほど

わたくし「Hobbiton(ホビット村)」へは
約2年前に行ったことがあるのですが
わたくしの価値観では、入場料に$75も支払うくらいなら
東京ディズニーランドへ行った方が全然良い
としか思えない場所なのに

DSC07218わたくしの価値観には反して
海外からのお客様が多いこと
大人のお客様が多いこと
大変人気がある観光地となっていることの理由が
分かった気がします






前回は「Hobbiton(ホビット村)」入口の手前にある
「The Shires Rest」まで自家用車にて向かい
そこで受付を済ませて、専用のバスに乗り換えたのですが
今回は、MATAMATAの街にある「i-SITE」でも受付ができるので
あえて、専用バスの出発地に選びました・・・なぜならば
「i-SITE」の建物は、ボビットしているし

DSC07221DSC07217DSC07244












ランチ場所の選択肢もあるのです

MATAMATAの街を散策しながら
「ランチは、どこで食べようか〜?」と、キョロキョロしていると
秘書(日本人)さんが「あ、ここはどうですか?」と、提案して下さったのは
ナント!オークランドにあるイタリアン・レストラン「Portofino」の本店を経営する
フランチャイザーの友人が

DSC07219MATAMATAにオープンさせた
イタリアン・レストラン「Osteria da Gino」でした

以前より話には聞いておりましたが
実際に来れて良かった



ランチ後、専用バスに乗り換えて「Hobbiton(ホビット村)」へ到着すると
イギリス人さんは、童心へ戻り
終始、笑顔で楽しんでおられ

BlogPaintホビットに、なりきっておられました






BlogPaintわたくしも、どちらかと言うと
そのノリは嫌いではないので
パン屋さんに、なってみました





秘書(日本人)さんより、滞在中に何回も
「お二人は、本当に性格が似ています・・・」と、言われるのは
こんなとこなのかな

DSC07229DSC07225DSC07226







DSC07235わたくしは、2回目なので
お散歩程度に見て回るだけですが
この日は天気がよくて
牧場の景色を眺めているだけでも
心地がよく、癒されます


DSC07240わたくしとは違う意味で
木を眺めている方もいらっしゃいます・・・
ファンの方は、自前の衣装を持って来られて
「ロード・オブ・ザ・リング」の世界に浸っておられるのです。




BlogPaint今回のガイドさん情報によると
過去にドイツ人観光客の方が
「ここは、俺の家なんだ!」と
本当に自分はホビットだと思い込んでおられ
お帰り頂くの苦労したという話を聞きました



そこまで世界中の人々より愛されている「Hobbiton(ホビット村)」
イギリス人さんも大満足とのことで
NZの株が更に上がりましたとさ


続く・・・



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 16:51|PermalinkComments(0)

February 04, 2015

沖縄からのお客様!その4(グリーン・マッスル)

朝から「Henderson」地域へ・・・

北島では唯一の「マッスル(ムール貝)」の卸会社にて
ミーティングの為です

わたくしも含めジモッチー達は、ついつい「マッスル」と
略して呼んでおりますが
NZ産の正式名称は「グリーン・マッスル」と、言い
日本からのお客様達へは分かり易く「日本では、ムール貝として有名です。」と
説明しておりますが、これも正しくは
「マッスル(ムール貝)」を、品種改良して養殖により独自にブランド化して生まれたのが
「グリーン・マッスル」なので
「ムール貝の仲間」と言うべきでしょうね。

DSC07203DSC07204







「グリーン・マッスル」は、NZの北島でも南島でも採れるのですが
今回、担当者の方より
様々なお話を聞かせて頂いた中で、大変驚いたのが
「グリーン・マッスル」の卵は、いつどこで生まれるのか未だに解明されていないんですって
担当者さんいわく
「たぶん、NZの海底に資源があるとは思うけど
 どこからか卵が生まれ、それが海藻に付着して僕達が採取しているんだよ。
 ただし!NZの法律で、卵が付着した海藻は決して海中では採取してはいけないんだ。
 採取できるのは、海岸に打ち上げられたものだけなんだよ。」

わたくし「へー」と、身を乗り出して聞いておりました

しかも、海藻に付着している卵なんて
顕微鏡でしか見えない程に小さいらしいのに
「どれが卵が付着した海藻なのか分かるんですか?」との質問を聞き忘れました

BlogPaint卵の話の後は
養殖方法を聞かせて頂いて
その時に使用するネットを実際に見せて下さいました

DSC07207








世界中で採れる「マッスル」は、自身で水質を浄化させる力が強い分
水質が汚染されていると毒素まで吸収してしまうので
汚れた海にて育った「マッスル」を食するのは危険ですが
NZ産の「グリーン・マッスル」の場合
元々、NZの水質は綺麗な方ですが
それでも雨が降って水質が濁ってくると
念の為に、少なくとも3日以上は放置して採取せずに
水質が再び安定した頃に採取するという
安全面には、かなり神経質に取り扱っているので
クオリティーの高さには、相当自信があるそうです

それに「グリーン・マッスル」は
サプリメントにもなっている程に、昔から先住民のマオリ達も
健康食品として重宝していたらしく
その効能は
リウマチ、関節炎・関節痛、腰痛、肩こり
日常の活力と健康の維持・増進
血行の流れをよくする、滋養強壮
と、言われております

マオリ達いわく「奇跡の貝」だそうです

ここでもまた、イギリス人さんと担当者さんは意気投合して
1時間が経過しても、お話は止まりません・・・今回、傍から見てて思うのが
イギリス人さんは、誰とでも直に打ち解ける天性の才能がおありの様で
話がスムーズに進むし、また決断が早いので
アテンドする方も、かなりラクです
よって、この時点にて
今回のオークランドでの目的は、ほぼ全て完了したのです

そんな商談を終えると
時既に午後12時になろうとしていたので
ちょうど近くに住んでいる、わたくしの元・部下であり
秘書(日本人)さんの元・上司だった
「山水 Japanese Cuisine」にて、当時マネージャーをしていたアイアイへ連絡すると
すぐさま駆け付けてくれて、この近辺にて彼女がお勧めする
イタリアン・レストラン「La Rosa」にて
彼女達は約10年振りの再会を果たしたのです
今となってはお互いママになっているので、子供の事など話している姿が
約10年前とは大きく異なり、そんな2人を微笑ましく見つめながら
「このまま独身でも、わたくしには可愛い
 子供(山水OG)達と孫(山水OGの子供)達がいるから、幸せかも
 本当、山水やって良かったよな・・・」と、しみじみ感じておりました

そんなレストランでのお食事として
パスタをオーダーすると

DSC07209パイみたいなのが
出てきました



それを目の前にて、ホール・スタッフさんが
オープンして下さるのですが

IMG_0647IMG_0648





DSC07212パイ生地ではなく
ガーリック・ブレッドによる
カバーでした

よって、保温力も抜群で
中のスパゲティーは、熱々


何より、ガーリック・ブレッド付ということで
大変お得感もありました

それに、さっきまで話題の中心だった
「グリーン・マッスル」が、たくさん入っており
素晴らしい自然の恵みを有り難く頂きました

IMG_0650しかしながら、ここは
「ピザ」が、ピカイチでした

自宅からは、ちょっと遠いけど
今度、孫達に会いに来る時に
再来店しよう









続く・・・



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 11:26|PermalinkComments(2)

July 03, 2014

アルデンテのパスタが食べられるレストラン!

前記事の通り、1日1食の生活を送っていると
寝る前にベッドの中で、身体が欲している食べ物が
自然と頭に浮かぶ様になるんです・・・
わたくし個人的には、とっても良い事だと思っております
自身の健康管理にも役に立つし
食材の有難味を実感できて、お食事を頂く際には感謝の意を込めて「いただきます。」
より美味しく頂いた後は、幸せと共に「ごちそうさまでした。」
常に満腹の状態では薄れる感覚ですからね・・・

よって、その時々で
お肉だったり、お魚だったり、御飯だったり、お野菜だったり異なり
「明日のランチは、○○が食べたいから○○レストランへ行こう!」と
明確に決めることができます
ここ最近は、無性にパスタが食べたかったのですが
なんせNZでは(キウイには)、アルデンテ意識が無いと言っても過言ではない程に
どんなに名が知れたイタリアン・レストランへ行ったところで
やわやわパスタが出てくるので
毎回、口を酸っぱくして
「絶対にパスタは、アルデンテでお願いします」と、オーダーするのですが
今まで満足させて頂いたことは、ほとんどありません

1日1食の生活なので、前記事にも記載しておりますが
主要である食事(ランチ)は、わたくしにとってはディナーなので
どん欲に、美味しい物を食べたい願望は一入・・・
そんな時に「あ!」と、閃いたのが
わたくしが飲食店を経営していた時代の
元・スタッフである美人で素敵女子ちゃん
以前「旦那の友達でイタリアン・レストランで働いている方がいて・・・云々」
と、言っていたのを思い出したのです
日本人シェフさんならば、絶対にアルデンテにしてくれるはず!な、期待があって
思い立ったら、即行動のわたくし
夜な夜な彼女へ電話して、改めて情報収集していると
翌日に連れて行って下さることになったのです

向かった先は、パーネルにある
イタリアン・レストラン「Di vino Bistro

てっきり、お初なレストランだと思っていたのですが
名前が変更になって、気が付かなかっただけで
何年も前に、別の友人より「友達が働いているから、行ってみようよ!」と、誘われて
お邪魔したことがありました・・・ということで
その日本人シェフさんとは、その時に1度お会いしたことがあったのです

なにはともあれ
着席すると、まず最初に
我々がオーダーしていない前菜が出てきて「あれ」と、思っていると

DSC04842ナント!常連客である彼女の旦那様が
午前中に、コーヒーを飲みに来店されて
予約と手配をして下さったとのこと・・・




DSC04843よって、日本人シェフさんへ
事前に、わたくしの要望もバッチリと伝わっており
完璧なアルデンテが食せたのです

日本在住の皆さんには、大した事ではないかもしれませんが
NZ在住の日本人にとっては、わたくしみたいに
喜ぶ方がいらっしゃると思います

DSC04844その他にも
ここのイタリア人オーナーさんが
毎朝、生地をこねているというピザも美味しかったし




DSC04846何より、働いている皆さん・・・
イタリア人オーナーさん
日本人シェフさん
ホールを担当されていた日本人シェフさんの奥様
のフレンドリーな接客が印象的でした



何年も前に来店した際は、夜だったし
車にて連れて行って頂いたので
イマイチ、立地を把握していなかったのですが
こちらはパーネルとはいえ、CITY寄りにあるので
今回、歩いて行ける範囲だということが判明

ご紹介&ご予約をして下さったご夫婦と
店内にて抜群のホスピタリティーで対応&接客して下さったご夫婦のお陰で
楽しい午後のひと時を過ごす事が出来たことに
心より感謝です
また、お気に入りのランチ場所が増えました



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 15:06|PermalinkComments(0)

June 28, 2014

ドイツ料理のカフェでのランチ!

先週は、1日の内に晴れたり曇ったり雨が降ったり
全く安定しない毎日が続いておりました・・・それでも
週末は、比較的にお天気が良かったので
お食事は、郊外まで足を延ばしてきました

DSC04818まず、土曜日のランチは
Orewaにある、ジャーマン・カフェ「Walnut Cottage Cafe






店内は、地元の常連客の皆さんで賑わっており
地域密着型の愛されカフェな雰囲気が漂っておりました

DSC04812ドイツ料理ならば「ソーセージでしょう」ということで
わたくしのオーダーは、これ






しっかり、ドイツの保存食である
酸っぱいキャベツ「ザワークラウト」も添えられていたのですが
わたくし、なんでも甘いもの好きなので
半分だけ食べて残しちゃった

DSC04813ご一緒していた方達のお料理は
まず、こちら

全員、第一声目に「怖いぃぃぃ・・・
ホット・ドックに、ぐっさり刺さってます
日本では、ジョーダンでも
まず見ないデコレーションですね

DSC04815打って変わって
こちらは、お花のデコレーションが可愛い
お魚料理でした




DSC04811お食事をしながら、窓の外を眺めると
お利口さんなワンちゃんが、ご主人様を待っている姿が
可愛くて可愛くて、ワンちゃん好きにはたまらない光景・・・
これだけでも、わたくしは
しっかり癒されます



最後に、ドイツ名物・リンゴのデザートも大変魅力的だったのですが
ゆっくりしている時間が無くて、次回へ持ち越しです

DSC04816← お会計のレジ近くにあった
お土産コーナーにも目が行き
ついつい「バームクーヘン」を探す日本人





そんなジャーマン・カフェでのひと時でございました



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 20:19|PermalinkComments(0)

April 15, 2014

バー飯!

DSC04207新しいアパートメントが出来たと、思わせる様な
大型客船を横目に
本日のランチは、バイアダクトにて・・・




実は、つい最近まで存在を知らなかったアイリッシュ・レストラン&バー「Danny Doolans
目の前は頻繁に通るのですが、海側からだと
店舗が奥まっていて見落としていたのです

Quay Street側の入口に
「$14.95のランチあります!」看板が出ていたので
どんなものか試しに初来店

DSC04209DSC04210






店内は、ヨーロピアンなパブ色が強く
「夜は、バーとして大変賑わっているんだろうな〜」を、感じさせる
飲み屋さん独特の香がします・・・「飲み屋さん独特の香」とは
床やテーブルに染み付いたアルコール臭を指します。
なので、爽やかにランチがしたい方には不向きな場所ですが
二日酔いランチには向いているかもしれません

DSC04211わたくしのオーダーは
「Roast of the Day」として
この日は、ラムのお料理でした

グレイビー・ソースにマッシュポテトな
とってもヨーロピアンなお食事を、久しぶりに頂いたせいか
とっても美味しかったです


ここ最近、健康食として

DSC04189DSC04188






これ↑と、これ↑で
自己流「アサイ・ボール」ばかりを作っては、食していたので
久しぶりのお肉を吸収して、スタミナ補給となりました



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 14:03|PermalinkComments(0)

March 10, 2014

おかえりランチ!

2011年に開催された「ラグビーワールドカップ」時に
CITYに誕生した新名所「Wynyard Quarter」に
昨年、デザイナーズ・オフィスビル「ASB North Wharf」が完成し
そのG階にも、新たなレストランが増えたので
日本へ行く前より気になっていたところ・・・
NZにて最もお世話になっている方が、ランチにて連れて行って下さいました

いくつもの飲食店が立ち並ぶ中で
NZの飲食業界では名が知れた彼が選択されたレストランは
名店「The Grove」のオーナーさんがオープンさせた
イタリアン・レストラン「Baduzzi

「ここは、面白い料理を出すんだよ〜!」と
まず最初にオーダーして下さったのは

BlogPaintいつものNZワインではなく
珍しく、ギリシャ・ワインでした

BlogPaint








彼の飲食に対する知識や想いは深いので
ひとつひとつに意味や理由が、しっかりあると
わたくしは読んでいるので、一緒にいる時は密かにお勉強させて頂いており
また感性も素晴らしいので、言動も気に掛けております
この時のわたくしの推測は
「ギリシャ・・・暖かい場所で育ったワイン・・・今日はお天気が良いから?
オリーブが有名な場所で育ったワイン・・・オリーブ・オイルを使ったお料理だから?」
ってな具合にね

写真 008彼一押しの「鰯」料理!
NZにて、こんなイワシが食べれるなんてビックリ





写真 012わたくしの大好きな「ビートルート」のパスタ!だなんて
初めて食べました
しかも、アワビが中に隠れています




一皿に、大した量はないので
手作りパスタの食べ比べ・・・

写真 009写真 010






写真 011← このお料理は
和牛のタンが薄くスライスされているので
巻き巻きしてパクッ!します・・・優しいお味でした




最後は、わたくしには欠かせない
〆のスイーツ

写真 023写真 022






NZに戻って早々に有意義で楽しい時間を過ごさせて頂いて
何よりも・・・毎回「おかえり〜!」って、乾杯して頂ける事が
NZへ戻る理由になっているのは確かです・・・
オークランド国際空港に到着して、NZにて第一声目を受けるイミグレーションでも
毎回「Welcome back!」と、笑顔で言って頂ける程
嬉しいものは、ありません
本当に、いつもながら感謝しております



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 10:36|PermalinkComments(0)

March 09, 2013

若菜流プリンセスにさせてもらった旅・・・その2「ご招待ディナー」にて!

写真 1564Hobbiton」にて
ファンタジーな世界に浸った1時間30分後に
TAURANGAにある「Mt.Maunganui」を目指します・・・




というのも、かれこれ約9ヶ月前
オークランドにあるイタリアン・レストラン「Portofino」の本店を経営するフランチャイザーの友人が
リゾート地である「Mt.Maunganui」に、新店をオープンしたとのことで
オープニング・パーティーへ招待されていたのですが
どうしても仕事の都合で出席することが出来なかったので
今更ながら、お邪魔することに・・・

写真 1574イタリアン・レストラン「Osteria da Gino

わたくしがお邪魔することが伝わっていた為に
現地在住している、友人のビジネスパートナーさんが対応して下さって
お任せメニューの数々を、いただきました・・・


写真 1617写真 1619写真 1620






「日本人だから、お魚が好きだろうと思って
メインに鯛のグリルを用意したよ!」
「デザートは、手作りティラミスだよ!」
などなど、プリンセス待遇でございました

しかし、本当に有難かったのは・・・
実は、この翌日に
この街で、サーフィンの大会が開催されるとのことで
その日の晩は「Mt.Maunganui」にて宿泊施設を予約するのは不可能だったのです・・・が!
友人のビジネスパートナーさんのお顔で
不可能が可能に・・・しかも、1番立地が良い「Oceanside Resort and Twin Towers」 の
2ベットルームのアパートメント・タイプのお部屋を確保できたのです

写真 1640写真 1643写真 1645






そういえば、アパートメント・タイプと言えば・・・
わたくしは、つい最近に知ったばかりですが
世の中には
個人所有の不動産(自宅)の空き部屋を短期間で貸したい人と、旅行などで宿泊場所を借りたい人を
マッチングするサービスである「airbnb(エアー・ビー・アンド・ビー) 」が、あるんですね
今や世界192ヵ国に広がっており、そのレベルの高さに急成長したビジネスだとか・・・もし
ホテルなどの商業用の宿泊施設が繁忙期の時は
一般住宅をお借りする手もあるということです
今回、わたくしが泊まったお部屋も
ホテルが代理で管理しているだけで、システム的には同じことです・・・と、話は逸れてしまいましたが
その日の晩は、さすが郊外!だけあって
夜空一面に輝く綺麗なお星様を眺めながら
深夜12時前には就寝・・・今宵は、シンデレラ睡眠です

続く・・・


人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 22:30|PermalinkComments(0)

December 09, 2012

週3日のみ営業しているイタリアン・レストラン!

素晴らしくお天気が良かった週末・・・
久しぶりに、Pt Chevalierにある
オークランドで1番!美味しいと思うイタリアン・レストラン
Cafe Latte Italian Restaurant」へ行って参りました

本来、午後6時に予約をしていたのですが
まだ外が日中並みに明るかったので、オーナーシェフさんへ
「近くにあるWestern Springs Lakeside Parkを散歩してから、30分後に出直してもいい?」
と、尋ねると「もちろんだよ!美人ちゃん、楽しんでおいで〜!!」と
彼に限らずイタリア出身の友人達は、皆
とてつもなく明るくて、「美人ちゃん」と呼んでくれるのが心地良くて有難い

写真 810写真 819






ということで、実は・・・
NZのオークランドに10年間も住んでいながら、お初な「Western Springs Lakeside Park」
市民の憩いの場である、その名の通り
大きな湖に沿って遊歩道がある公園を散歩しながら、こちらの名物である鳥さん達と戯れて来ました

写真 811それにしても、こちらの鳥さん達
多くの方達よりパン(餌)を与えてもらえるので、それに慣れちゃって
人間を見かけると自ら近寄ってくる・・・




写真 812けれど、わたくし達が餌を持っていないことを察知すると
「ちっ、ただの冷やかしかよ・・・相手にしてらんねーぜ!」と、ばかりに
そっぽ向いて、去っていきます

個人的には、大変分かりやすくて好みです


写真 814NZ出身のプケコさんも同様です・・・足が速い分
シビアな海外のビジネスマン達を彷彿させます





写真 818湖を一周していると
「大ウナギ」が、うじゃうじゃいることに気が付きました

その後に、目の保養となった
黒鳥のべビちゃん達にも遭遇して癒されたり・・・


写真 821写真 822






そんなこんなの、お散歩のお陰で
お腹も空いてきて、レストランへ戻ると
事前予約していた焼き立てのピザが待っていてくれました

写真 828パスタも、あえて念押ししなくとも安心してアルデンテで出てくるのは
NZでは、珍しい事だと思います





このレストランのピザは、今まで事前予約が必要だったのですが
今後は、必要ないらしく
来年からは、個人的都合により営業日が週3日(木・金・土)
のみに変更になるそうです・・・さすが
しっかりファンが付いているが故に出来る自由業



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 14:38|PermalinkComments(0)

September 28, 2012

カジュアルなフレンチ・レストラン!

日本より戻ってきて、1ヶ月以上経った気がするのですが
実際は、まだ2週間程度・・・なのに
既に通常の生活パターンに、どっぷり落ち着いてしまったので
今宵は、久しぶりに
CITYでバリバリ働く同世代の友人達とお食事会

会場となったのは、ポンゾンビーにある
友人お勧めのカジュアルなフレンチ レストラン「Sunday Painters

写真 656写真 653






店名もユニークですが
店内の内装も可愛らしく
独特の雰囲気を醸し出しているレストランです

写真 651写真 652






3名にてシェアした前菜2品・・・
左のオイルサーディンは、好みで美味しく頂いたのですが
右のパテは、レバーが苦手なわたくしには味が濃厚過ぎて手付かずとなりました。

写真 654最近、肉食モードなので
メインにステーキをオーダーすると
「でかっ」な感想だったのですが
柔らかくて、お味が良かったので・・・見事に完食



写真 655デザートは、ブリオッシュなんとか・・・
フレンチ!って感じのお菓子でした





それが・・・お食事中
わたくしのプライベート・トークが炸裂しており
ぶっちゃけ、お食事に集中できていなかったので
次回は、ちゃんと!ということで・・・



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 21:20|PermalinkComments(0)

March 13, 2012

良い「気」に包まれた素敵なサンデーランチ!

「そろそろ、秋だな・・・」と、感じる程に気温が低い日が続いたかと思うと
今日の様に「あちぃ〜」と、ノースリーブで行動できる日があったりと
まさにNZ日和の中、しっかり「ブラフオイスター」の季節はやってきました
昨年はRWC 2011にて世界中から訪れる旅行者の為に
政府がブラフオイスターの漁獲量を、特別に増やし
例年よりも長く出回っていた為に
今年は「もう?」と、なんだか早く感じますわ

写真 555今年の初ブラフオイスターは
先日お邪魔したイタリアンレストラン「PREGO」にて・・・





よくよく考えると
こちらへ日曜日のランチでお邪魔するのは、お初
平日は、キャリアウーマン風の超お洒落な女性達で賑わっている印象が強いのですが
この日は、ファミリーが多い光景に
「そっか、日曜日なんだよね〜」と、我々もリラックスモード・・・

写真 544「軽めに・・・」って、ことで
ロゼにしてみました





写真 556写真 557写真 558







我々の近くのテーブルに、キウイのファミリーがおり
子供達の動作があまりに可愛くて
微笑みながら見入っていると、それに気が付いたお父さんが
我々へジェスチャーで「3人も子供がいると、ゆっくり飲んでられないよ〜
確かに、子供らしい食い散らかし様でしたが
食べ終わると、お店から頂いたお絵描きセットで大人しくしていたんです・・・ただ、それも飽きると
ちょっとだけ、ぐずりだしましたが
周りに迷惑を掛けるレベルでは全然無く
「この子達、よく躾られてるよね〜」と、話しながら
こちらこそ、ほのぼのさせて頂いていたのです

すると・・・

そのファミリーが帰り際に
長女らしき子(たぶん幼稚園の年長か小学校に入ったばかりくらいの子)が
突然、我々のところへ来て
1枚の紙を手渡したのです・・・

写真 559それが、このお手紙

Hello
I hope you have a lovely day and
I'm sorry that the boys being noisy


と、書かれていました
「なんて、出来たお子様なの」と、感心すると共に
感動しちゃって、うるうる・・・泣きそうになっちゃいました

それに、別のファミリーの赤ちゃんも
我々をチラチラ見ては、ニコッと微笑むので
これまた帰り際に、お父さんが
その赤ちゃんを抱いて、我々のところへ挨拶に来て下さって
抱っこさせて下さいました

この日は、不思議な事に
ずっと良い「気」に包まれていた感じがありました・・・
わたくしに関わってくれた皆様に
素敵なサンデーランチとなったことを感謝致します



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 15:24|PermalinkComments(0)

March 02, 2012

オーストリア料理のレストラン!

かなり前に友人より「ドイツ料理の美味しい店があるよ。」と、聞いていたのですが
なかなか行く機会に恵まれず・・・だったのが、ようやく先週末にチャンス到来

年下の女友達より、一緒に遊んで下さい依頼があったので
彼女と同い歳の別の友人達も誘って、お邪魔することになったのです

写真 535場所は、わたくしの行動範囲外で未知なGlendowieにある
Restaurant Konditorei Carinthia

初来店して知ったのですが、こちらはドイツ料理ではなく
オーストリア料理だそうです
オーナーさんらしき方いわく・・・「似てるけど、違うんだよね〜!」

写真 536写真 537






盛付は良くないけど、ソーセージの美味しいこと

写真 538そして、ドイツとオーストリアの肉料理といえば・・・「シュニッツェル」
こちらの一押しメニューです





写真 539ナゼか・・・ロシア料理の「ビーフストロガノフ」もあり
サイドの手打ちパスタも含めて、これまた美味





BlogPaintデザートは、ちょっと甘すぎだったけど
全員・・・「ここは、リピ決定」と、言い合った程に
本当に、お勧めです






人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 12:02|PermalinkComments(0)

May 31, 2011

NZでの食・・・

弊社レストランにてランチ中に
ヘッドシェフが「まかないで食べている物ですが・・・宜しかったら、どうぞ。」と

写真 075手作りの「海苔の佃煮」と「ふりかけ」を
差し出してくれたのです

「美味しい



わたくし的には、かなり嬉しく
それからというもの、ご飯のお供に頂いているのですが
もちろん、その前に
自分が嬉しかったから、お客様へも!とも思いました。
が・・・それは、日本人感覚だと思い直し
では、日本人のお客様へ!とも思いました。
が・・・それは、外食という雰囲気を崩すかな?と思い直し
結局、身内で食しております。
が・・・もし、これを見て「食べたい!」と、思われたお客様
どうぞ、ご遠慮無くお申し付け下さいませ

「手作り」といえば・・・
最近はまっているお気に入りのイタリアンレストランへ、昨晩もお邪魔し
当日でも良いのですが事前予約が必要なピザをオーダーすると・・・

写真 079「カルゾーネ」が出てきました

以前から、気になっていた事ですが
事前予約では「ピザ」としか言わないからか
毎回、異なるピザを出して下さるのです


「カルゾーネ」は、ナポリの名物で
半円形に折り重ねたピザの中に具材が入っており
ナポリ出身のオーナーさんは、ピザの上にもリコッタチーズを乗せており
そのリコッタチーズも手作りされたとのこと・・・さすが!美味しゅうございます

写真 080本日のパスタ「ぺペロンチーノ」の
麺も手作りでした







・・・ここ数年で、オークランドの飲食業界が大きく変わってきたと感じます。
所詮田舎なNZでは、レストランでの食事そのものが最大の娯楽対象なとこがあり
TV番組の影響もあってか、シェフという職業が花形レベル
また、つい最近とある方と知り合い気が付きましたが
他国からの仕掛け人達も関わった現象に、ここまで飲食業界が成長したのは良いのですが
知名度がある所は、どこも同じ色で・・・来週にキウイのお客様をもてなす
アジア系以外の雰囲気重視のレストラン選びに迷っております



人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
こちらも、ついでによろしくです



wakananz at 16:42|PermalinkComments(0)

April 30, 2011

一押しイタリアンレストラン!

写真 012最近、マイブームなイタリアンレストランといえば
Pt Chevalierにある「Cafe Latte Italian Restaurant





初めてお邪魔したのは、かれこれ8年前で
きっかけは、友人の友人がオーナーさんということで紹介され
それから数回お邪魔したにも関わらず
まともに食事をした記憶が無く・・・たぶんコーヒーを飲みながら
オーナーさんも交えてお喋りしていただけだろうな
・・・ということで
ちょっと前に初めてメニューを開き、ちゃんとお食事をしてみたら
その美味しさに驚き
しかも、30席はあるのにキッチンで調理しているのはオーナーシェフのみ!だなんて
これまた驚き

オークランドだけでも20年以上ずっと現場でシェフをされている彼が作る料理は・・・

写真 014事前予約が必要な「ピザ」が
めちゃくちゃ美味しい・・・やみつきです





写真 016写真 018ここの「カラマリ」と「カルボナーラ」は
他とは、ひと味違う美味しさ・・・
必須オーダーです




写真 017NZ産の大きなマッスルも
イタリア風に調理され、柔らかくて美味





お客様には、長い付き合いの常連さん達も多いようで
オーナーシェフのスタイルを理解している様子で
同じお料理でも前回と味がちょっと違ったり
お料理が出るのが、ちょっと遅くなったり
お店を1ヶ月間お休みしたりする時があるけども
ずっと変わりなく愛されているのは、彼の人柄もあるのでしょうね


人気ブログランキングへ
本日もクリック頂けると、かなり嬉しいです



wakananz at 13:58|PermalinkComments(2)

April 17, 2010

若菜流「ここでは、これ!」

今週も見事に仕事がテンコ盛りでした
1つの仕事に集中してバタバタしているのなら全然問題ないのですが、人材不足の為に
いくつも異なる商材・異なる業種での事務作業もこなさねばならずで
本来のわたくしの仕事以外の事に割く時間に
全体を見る時間を邪魔され、アップアップ
司令塔としての判断を間違わない様に
小さい脳みそは仕事の為だけにフル稼働している状態なので、
日常生活の小さい事は完全にアルツハイマー状態・・・
そんな状態で家事なんかしている余裕はありません
よって毎日外食のお世話に・・・ちょうど日本からのお客様がお越しになっていたので
それはそれで好都合・・・わたくしの中で
最近「このレストランへは、これを食べる為に行く!」と確立されてきたメニューをまとめて、ご紹介

バイアダクト周辺にある
サウスイーストアジア料理の「MONSOON POON

MM2






TRADING HOUSE RESTAURANTとサブタイトルが付いているだけあって
タイ料理、ベトナム料理、マレーシア料理、シンガポール料理などなど
このレストランでは、色んな国のお料理とお酒が楽しめます
それに、店内もアジアンテイストでお洒落な居酒屋風なので
ふと「なんだか日本に居るみたいだね・・・」と、わたくしボソッと言うと
ご一緒した方が「分かる!このレストランだったら日本で充分戦えるから、そう思うんでしょ!!」

はい、その通りです
それが、オーダーしたものが出てくるのが
めちゃくちゃ早いのです 味も雰囲気もバッチリで
広い店内は、ローカルのお客様で満席でした

M3わたくしのお勧めは、この「Roast Duck Noodles」
日本の焼きそばに張り合えます!






お次は、日本からのお客様のリクエストに必ず上がるレストラン
Sake Bar Rikka(立花)
わたくしもお気に入り日本食レストランのひとつなのです・・・なぜならば
実は、ここにはコラーゲン料理があるんですよ

RR2






美容と健康には欠かせない「コラーゲン」
多くの効能があるのですが
特に女性が摂取する理由としては
お肌の弾力・つやなどを保つ働きをするので、しわやたるみに効果的で
お肌の新陳代謝を良くすることで、シミをなくす効果も期待できるのです
わたくしも含め周りの友人達で、コラーゲンを摂取していない女性はいない程に
歳を重ねるごとに、必要になってくるのです
このお料理以外にも、コラーゲンドリンクもあるので
なんだかお肌の調子が悪いな・・・と、思うと
女友達を誘って、よくお邪魔しています
元々、味も見た目も素晴らしいお料理を出してくださるレストランな上に
女性の大好きな「コラーゲン」がプラスされれば
行かない理由が無くなりますわ


お次は、オーガニック自家製お豆腐が評判の「SOI」・・・ですが
今のわたくしのお目当ては、豆腐だけではありません

S「鰻」なのです

しかも、バカにしていたNZうなぎが
こんなに美味しかったとは・・・なんでも「銀うなぎ」という種類で
日本で食べる鰻に近いのです


それを、いつもは
ふわっふわ・プリップリな蒲焼で頂くのですが
先日は「お刺身」で出してくださいました


お次は、日本からのお客様のご希望で
「モッツアレラチーズとトマトが食べたい!」とのことでしたので
となるとイタリアンレストラン
瞬時に頭の中に、5軒ノミネートされたのだけど
ロケーションの事を考えて選んだレストランは・・・
Gina's Pizza & Pasta Bar

久しぶりの来店だったのですが
相変わらず、元気が良くて陽気なスタッフ達が
大きな声で「チャオ」と、お出迎えしてくれます

G1G3






やっぱり、ここの「PIZZA Margherita」が好き
シンプルなゆえに、分かり易い美味しさ


・・・こんな感じで
ディナーが外食になると、体のラインが気になってくるので
必ずランチは、山水Japanese Cuisineにて
カロリー計算された「ヘルシーランチ」を、頂いております

お気に入りのレストランとお気に入りのお料理のお陰で、
毎日ちゃんと食事を摂り、息抜きができることで
体を壊すことが無く、お仕事を頑張れる・・・
本当に有難いですわ



wakananz at 19:43|PermalinkComments(0)

December 19, 2008

忘年パーティー!

12月になると、どこもかしこも
クリスマスパーティーで忙しい
わたくしは、クリスマスパーティーに限らず
タイトルの無い飲み会もあるので忙しい

本日は、弊社レストランにて
某日系コンサルティング会社のクリスマスパーティーが貸切で行われました。
わたくしもゲストとしてご招待を頂いたのですが
別のパーティーの方へ参加・・・

会場は、Ponsonbyにある
ギリシャ料理の「Plato’s Greek Taverna

数ヶ月前にオープンしたばかりで
以前から気になっていたレストランなのです

ギリシャ1お洒落な店内は、ゆとりあるテーブル配置で
ライブミュージックが流れています





集まったメンバーに、たまたまギリシャ人の方がいらっしゃったので
味について聞いてみたところ「なかなかいいんじゃない。」とのことでした

そもそも、このパーティーの主旨は
「参加者は日本人限定にして、ざっくばらんに忘年で楽しもうね
と、いうパーティーだったはずが・・・

ギリシャ2ナゼか、この状態






しかも、この方達
NZの飲食業界では有名な会社の経営者さん達
酔っ払ってヘロヘロしているわたくしを挟んで
真剣にビジネストークが始まってしまい・・・
これは、わたくしへの罰ゲームですか

・・・にしても、60歳近くになる経営者さんから
「引退したけど、退屈でしょーがないから
 また新しいビジネスを始めることにしたんだ!」
と、笑顔で言われた時は
「わたくし今、何歳だったかしら?」と、自問した程ですの
負けてられないかも・・・頑張りますっ


本日、お集まり頂いたメンバーの皆様
来年もどうぞ宜しくお願い致します



wakananz at 11:26|PermalinkComments(2)

December 11, 2008

素敵な女性の影響力!

PONSONBYにあるイタリアンレストランPREGO
改装をしていますが、オープンから既に20年近く経っているのでは?と聞いている
何気に老舗で、名の知れたレストラン

そんなレストランに、本日はランチでお邪魔しました。
よくよく考えてみると、ランチは意外にも初めてで
なんだか新鮮な気持ちで、店内をキョロキョロ見渡してみると・・・

雑誌で見たことがあるデザイナーさん
高級ブランドをさらっと身につけた方
女優並みのオーラを漂わせた方・・・などなど
さすが、お昼のPONSONBY
キャリアウーマン風の超お洒落な女性達で賑わっていました

そんな光景は、まるでドラマ&映画の「SEX AND THE CITY
そんな女性客によって、わたくし好みの心地良い空間が
自然と創り上げられていました

素敵な女性達が集えば、お店の雰囲気まで変えるのよね・・・と
久しぶりに良い刺激を受けた午後でした

3075228c.jpg



wakananz at 13:02|PermalinkComments(0)

November 04, 2008

お勧めのライト!

84ed7d93.jpg
前回の日本出張の際に
友人が経営するBARで見つけた
「卓上キャンドルライト」





その炎色の暖かさに、何気に手にとってみて
中を覗き込んだ瞬間・・・それは、わたくしの心を射止めたのです

ナント!中に入っているのは、偽物キャンドル

ライト充電式のライトだったのです





それなのに、キャンドルの炎が揺れている様に見せる働きもするので
最初は誰も、充電式だとは気がつかないのです

そして何より、経済的だし安全ってことで
早速、友人にどこで購入したのかを聞きだし
山水で使う為にオーダーし、NZへ持ち帰って来ました

主に、SANSUI MIDNIGHT BARで使用しているので
テーブル席に座るお客様達は、必ずと言っていい程に興味を示され
特に、飲食店を経営しているお客様達からは
「これ、どこで買ったの?」と、お問い合わせを頂きます。
それを知ったお客様の中には、
「こんなのNZに無いからさ、そんなに問い合わせが多いのなら
 若菜が輸入してNZで販売すればいいじゃん。」
なんて、声も上がってきていたのです・・・

そんな中

昨日、ピザが食べたいという友人のリクエストで
パーネルのイタリアンレストラン「NSP non solo pizza」へ
お食事に行ってきました

NSPここのピザは、薪を燃やした釜焼きで
店内の雰囲気もお洒落で落ち着いているので
ピザを食べに時々利用していたレストランです・・・




が!

このお店の卓上で
ちょっと外見は違うものの、同じ充電式キャンドルライトを発見しちゃいました
山水以外のお店でNZにもあったなんて・・・露知らず
「どこで買ったんだろう」今度、聞いてみよう


wakananz at 10:56|PermalinkComments(0)

February 05, 2008

暑い日の食事!

今年のNZは蒸し暑い気がします

そんな日のディナーは
ビールに合うこれらで充分です・・・

f643abec.jpgピザ






ニューマーケットにあるピザ屋「Archie's
パリパリ系の生地にチーズをたっぷ〜りのせたピザがお気に入りです


クレープ
クレープ





キングスランドにあるフレンチカフェ「BOUCHON
シンプル、ヘルシーです



wakananz at 11:28|PermalinkComments(0)

September 06, 2007

会食の場所選びは悩みます・・・

96a729df.JPG今週は、日本から2組のクライアントが
NZへお越しになったので
会食場所に日々悩んでおりました。




せっかくのNZご滞在なので、
クライアントのご要望を考慮したレストランへ御案内したい
との気持ちを持って、本日は・・・

イタリアンレストラン「Aquamatta」に決定

Chancery広場の中にあり
スタッフは、陽気なイタリア人

このレストランの特徴は、
「本日のパスタ」ということで
色とりどりのパスタの実物を見せながら
「このパスタですと(こうやってあーやって)調理します。」と、
ひとつづつ説明してくれます
なんせ、見たことも食べたこともないパスタだらけなので
その時点で、ワクワクさせられます
もちろん、お味もGOODです!

また、世界各国のワインが豊富に取り揃えられているので
ワイン好きな方にもお勧めです。


最近では、日本食以外のレストランへもよく行く様になったのですが
確実に、NZの食レベルは上がっていると感じます
いいことですね



wakananz at 12:34|PermalinkComments(0)